LastPassに保管されたログイン情報を使いサイトへログインする

広告
eyecatch

LastPass にログイン情報を保管することによって、サイトへ簡単にログインすることができます。ここでは LastPass に保管されたログイン情報を使って、色々なサイトへログインを行う手順について解説します。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする

最初に Twitter のログイン画面を表示してください。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(1)

LastPass に保管されているユーザー名とパスワードが自動で入力されています。現在 Twitter に関するログイン情報は 1 セットだけ保管されているので、ユーザー名やパスワードのところに表示されている LastPass の小さなアイコンには数字の 1 が表示されています。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(2)

ログインするのがこのユーザーでよければ「ログイン」をクリックしてください。(複数のアカウントのログイン情報が保管されている場合は選択できます。こちらはのちほど解説します)。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(3)

Twitter へのログインが完了しました。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(4)

-- --

次に Google アカウントのログイン画面を表示してください。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(5)

Google アカウントの場合はユーザー名であるメールアドレスは自動で入力されていませんでした。現在 Google アカウントに関するログイン情報は 1 セットだけ保管されているので、ユーザー名のところに表示されている LastPass の小さなアイコンには数字の 1 が表示されています。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(6)

それでは LastPass のアイコンをクリックしてください。次のような画面が表示されます。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(7)

表示された画面の中央「google.com」と表示されたあたりにマウスを合わせると次のような表示になるので、クリックしてください。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(8)

LastPass に保管されているユーザー名であるメールアドレスが入力されました。「次へ」をクリックしてください。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(9)

パスワードについては保管されたいるものが自動的に入力されました。「次へ」をクリックしてください。

LastPassに保管されたログイン情報を使ってログインする(10)

Google アカウントへのログインが完了しました。

このようにログインするサイトによって手順が少し異なる場合もありますが、 LastPass に保管されているログイン情報を使って手動で入力することなくログインすることができました。

-- --

LastPass に保管されたログイン情報を使って、色々なサイトへログインを行う手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。