LastPassへログインできる国を制限する

広告

LastPassのアカウントへログインを指定した国だけに限定することができます。国内からのみ利用しているような場合は、LastPassへのログインの許可を日本に限定することでセキュリティを高める効果が期待できます。ここでは指定した国からのみLastPassへのログインを許可する設定について解説します。

1.ログインできる国を制限する
2.許可されていない国からログインした場合の挙動とログイン制限の解除方法

ログイン可能な国に関する設定を行うには、Chromeの画面右上に表示されているLastPassのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「保管庫」をクリックして下さい。

p2-1

保管庫が表示されます。

p2-2

画面左側に表示されている「アカウント設定」をクリックして下さい。

p2-3

アカウント設定画面が表示されます。「Show Advanced Setteings」をクリックして下さい。

p2-4

設定は「セキュリティ」の個所にある「国の設定」で行います。

p2-5

LastPassにログインできる国を制限するには「選択した国からのログインのみ許可する」にチェックをして下さい。すると国の一覧が表示されますのでLastPassへのログインを許可する国にチェックを付けて下さい。ログインしようとするユーザーの国の判定はIPアドレスで行うということです。

p2-6

国の選択が終わりましたら「更新」をクリックして下さい。変更内容が反映されます。

p2-7

確認ダイアログが表示されますのでマスターパスワードを入力し「確認」をクリックして下さい。

p2-8

これであらかじめ許可した国以外からLastPassへのログインが制限されるようになります。

それではログインが許可されていない国からログインしようとするとどのようになるのかを確認してみます。ログインを許可する国から日本を外す設定を行いました(イギリス(UK)だけを許可してあります)。

p2-9

設定を更新した後で一度LastPassからログアウトします。そして改めてログイン画面からログインを行ってみます。

p2-10

するとブラウザの上部に「You are not permitted to login from this location. Please go to https://lastpass.com/unlock」という表示が出てログインすることができません。

p2-11

-- --

設定を誤った場合や海外などへ旅行するのに設定変更を忘れてしまっていてログインができなくなった場合には一定の手続きを行うことでログイン可能な国の制限を解除することができます。解除するには表示されたメッセージにある「https://lastpass.com/unlock」へアクセスして下さい。

p2-12

テキストボックスにLastPassでログインに使用しているメールアドレスを入力し、「メール送信」をクリックして下さい。

p2-13

確認ダイアログが表示されますので、マスターパスワードを入力し「続行」をクリックして下さい。

p2-14

ログインを行うために必要なメールが先ほど入力したメールアドレス宛に送信されました。

p2-15

LastPassから届いたメールの中に記載されているURLをクリックするか、コピーしてブラウザからアクセスして下さい。

p2-16

現在アクセスしようとしている国がログインできる国に追加されました。今回の場合であれば「日本」が自動的に追加されました。

p2-17

それではあらためてLastPassへログインして下さい。

p2-18

LastPassへログインすることができました。

p2-19

「国の制限」の設定を見てみるともともと許可してあったイギリス(UK)に加えて日本も許可されていることが確認できます。

p2-20

このように設定忘れなどで国の制限によってログインができなくなった場合でも、メールアドレスによる認証を経由してログインが行えるようにすることができます。

LastPasの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )