サイト単位でLastPassの指定した機能を利用できないように設定する

広告

LastPassが有効になっているとログイン画面でパスワードなどの自動入力が行われたり、ログイン後の画面でサイトの保管を行うかどうかの確認メッセージなどが表示されます。これらのLastPassの機能の中で不要なものについてはサイト単位で使用しないように設定することが可能です。ここではサイト単位でLastPassの指定した機能を利用できないように設定する方法について解説します。

1.「使用しないURL」の設定画面を表示する
2.設定するサイトの追加と使用しない機能の種類
3.「追加しないサイト」を設定する
4.「自動ログインしない」を設定する
5.設定を解除する

指定したサイトで一部の機能を使用できないように設定するにはChromeの画面右上に表示されているLastPassのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「保管庫」をクリックして下さい。

p2-1

LastPassの保管庫が表示されます。

p2-2

画面左下の「アカウント設定」をクリックして下さい。

p2-3

アカウント設定の画面が表示されます。

p2-4

「使用しないURL」と書かれたタブをクリックして下さい。

p2-5

「使用しないURL」に関する画面が表示されました。

p2-6

指定したサイトに対して使用しない機能を設定するには画面下の「追加」をクリックして下さい。

p2-7

次のようなダイアログが表示されます。ここで対象のサイトとどんな機能を使用しないのかを選択します。

p2-8

選択できる種類には次のようなものがあります。

p2-9

・追加しないサイト
・パスワード生成しない
・フォーム入力しない
・自動ログインしない
・自動記入しないアプリケーション
・コンテキストアイコンを表示しない
・Never Do Anything

では「追加しないサイト」と「自動ログインしない」の2つについて実際に試してみます。

LastPassではサイトのログイン画面からサイトを追加しユーザー名とパスワードを保管する機能があります。例えばはてなアカウントのログイン画面を表示すると次のようにユーザー名およびパスワードを入力するテキストボックスの右にLastPassのアイコンが表示されます。

p2-10

LastPassのアイコンをクリックするとLastPassへサイトを追加しユーザー名とパスワードの保管をするためのウィンドウが表示されます。

p2-11

またはてなアカウントにログインすると、ブラウザの上部にLastPassへサイトを追加するためのバーが表示されます。

p2-12

このようにLastPassが有効な状態でサイトのログイン画面へアクセスするとサイトを追加するためのアイコンやバーが表示されるのですが、LastPassにサイトを追加する予定がないサイトの場合には「追加しないサイト」に指定することでこの表示を今後行わないようにすることができます。

それでは「使用しないURL」の画面にて「追加」をクリックし、「種類」にて「追加しないサイト」を選択し「URL」にドメイン名を指定して「追加」をクリックして下さい。

p2-13

「追加しないサイト」にはてなのサイトが追加されました。

p2-14

では改めてはてなアカウントのログイン画面へアクセスしてみると、ユーザー名やパスワードを入力するテキストボックスにLastPassのアイコンが表示されなくなりました。

p2-15

またログインした後の画面でもブラウザ上部に表示されていたLastPassのバーが表示されなくなりました。

p2-16

このように「追加しないサイト」にサイトを追加することで、今後そのサイトについてはLastPassへのサイト追加の表示が行われなくなります。

-- --

なお今回は「保管庫」>「アカウント設定」>「使用しないURL」の画面からサイトを追加しましたが、サイトにログインした後で、ブラウザ上部の右側に表示される「二度としない」をクリックすると「追加しないサイト」にサイトが登録されます。

実際に試してみます。先ほど「追加しないサイト」にはてなのドメインを追加しましたがいったん削除して下さい。その後ではてなアカウントにログインし、画面右上に表示された「二度としない」をクリックして下さい。

p2-17

「このページで無効にする」と「このドメインで無効にする」のどちらかを選択できます。今回は「このドメインで無効にする」をクリックしてみます。

p2-18

「追加しないサイト」にはてなのドメインが追加されました。

p2-19

このように「追加しないサイト」に関しては対象のサイトにログイン後に表示されるボタンから設定することができます。

LastPassにサイト追加されていてユーザー名とパスワードが保管されている場合、そのサイトのログイン画面へアクセスすると自動的にユーザー名とパスワードが入力されます。例えば現在LastPassにサイトが追加されているTwitterのログイン画面へアクセスすると次のように自動的にユーザー名とパスワードが入力されます。

p2-20

ログイン画面へアクセスした時に自動的にユーザー名とパスワードを入力させたくない場合には「自動ログインしない」に指定することで自動入力が今後行わないようにすることができます。

それでは「使用しないURL」の画面にて「追加」をクリックし、「種類」にて「自動ログインしない」を選択し「URL」にドメイン名を指定して「追加」をクリックして下さい。

p2-21

「自動ログインしない」にTwitterのサイトが追加されました。

p2-22

それでは改めてTwitterのログイン画面へアクセスしてみるとユーザー名とパスワードが自動で入力されなくなりました。

p2-23

このように「自動ログインしない」にサイトを追加することで、今後そのサイトについてはユーザー名とパスワードの自動入力が行われなくなります。なお特定のサイトではなく、全てのサイトに対して自動ログインしないようにするには「自動でユーザー名とパスワードを入力するかどうかの設定」を参考に設定を行って下さい。

「使用しないURL」にサイトを追加したあとでその設定を解除するには、「使用しないURL」の画面で解除したいサイトの右側に表示されている「×」をクリックして下さい。

p2-24

確認ダイアログが表示されますので「OK」をクリックして下さい。

p2-25

追加されていたサイトが削除され設定が解除されました。

p2-26

-- --

指定したサイトでLastPassの一部の機能を使用しないようにする設定方法について解説しました。

LastPasの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )