保管されているユーザー名やパスワードをエクスポートする

広告

LastPassにはユーザー名とパスワードのログイン情報がサイト毎に保管されていますが、LastPassのアカウントを削除する場合やバックアップなどのために保管されているログイン情報をエクスポートすることができます。ここではLastPassに保管されているユーザー名やパスワードをエクスポートする方法について解説します。

Chromeの画面右上に表示されているLastPassのアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「保管庫」をクリックして下さい。

p3-1

保管庫が表示されます。

p3-2

画面左下の「その他のオプション」をクリックし、表示されたメニューの中から「アドバンスオプション」をクリックして下さい。サブメニューが表示されますのでその中から「エクスポート」をクリックして下さい。

p3-3

次のような画面が表示されますので「マスターパスワード」を入力し、その後で「続行」をクリックして下さい。

p3-4

現在保管されているユーザー名やパスワードなどの情報がブラウザの画面上に表示されます。(下記で表示されているパスワードは実際とは異なる値を設定してあります)。

p3-5

エクスポートされる項目はサイト毎に「url」「username」「password」「extra」「name」「grouping」「fav」の7項目です。

url,username,password,extra,name,grouping,fav
https://twitter.com/?lang=ja,buzzwriter.jp,guruguruguru,,twitter.com,ソーシャル,0
https://dauth.user.ameba.jp/login/ameba,hyperpro.jp@gmail.com,hogehogehoge,,ameba.jp,Entertainment,0

コピーなどして手動で保管して下さい。

LastPasの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )