Microsoftアカウントの削除と復元

広告

Microsoftアカウントを削除する方法について解説します。またアカウント削除後も60日以内であれば復元が可能です。合わせてアカウントの復元方法についても解説します。

1.Microsoftアカウントを削除する
2.削除済のMicrosoftアカウントを復元する

Microsoftアカウントを削除するには、削除したいMicrosoftアカウントでまずログインして下さい。

p5-1

画面上部のメニュー一覧の中から「セキュリティ」をクリックして下さい。

p5-2

「セキュリティの基本」の画面が表示されます。画面下部に表示されている「その他のセキュリティオプション」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p5-3

「追加のセキュリティオプション」の画面表示されます。

p5-4

下の方へスクロールして頂き、「アカウントの削除」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p5-5

次の画面ではアカウントを削除する際の注意事項やしておくべき推奨事項などが表示されます。続ける場合は「次へ」をクリックして下さい。

p5-6

次の画面でもアカウントを削除した場合に関する注意事項が表示されます。各項目についてよく読んで頂き、了承できる場合にはチェックを行って下さい。

p5-7

全ての項目にチェックを行うと「アカウントを削除する」ボタンが有効になります。削除して宜しければ「アカウントを削除する」をクリックして下さい。

p5-8

Microsoftアカウントが削除されました。なお60日間は猶予期間となり実際に削除が行われるのは60日後です。60日以内であればこの後で説明する手順を行うことでアカウントを復元することができます。

p5-9

Microsoftアカウントを削除しても60日以内であれば復元することができます。Microsfotアカウントを復元したい場合には、ログイン画面から削除済のMicrosoftアカウントのメールアドレス及びパスワードを使ってログインを行って下さい。

p5-10

p5-11

するとMicrosoftアカウントの画面ではなくアカウントの削除予定日などが表示される画面が表示されます。

p5-12

アカウントを復元する場合には「続行 - このアカウントを復元」をクリックして下さい。

p5-13

アカウントの復元を行うにはアカウントの利用者本人であることの確認が必要となります。

p5-14

今回はメールアドレスのみなのですが、本人確認を行う手段を選択したあとで、テキストボックスに隠されているメールアドレスの部分を入力して下さい。その後で「コードの送信」をクリックして下さい。

p5-15

メールアドレス宛にセキュリティコードが記載されたメールが届きます。

p5-16

元の画面に戻り、メールに記載されていたセキュリティコードを入力して下さい。入力が終わりましたら「次へ」をクリックして下さい。

p5-17

アカウントの復元が完了しました。

p5-18

復元できるのはアカウントを削除してから猶予期間である60日以内です。猶予期間を経過した場合は復元することはできませんのでご注意下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )