テキストノートの本文にTwitterのツイートやYouTubeの動画を埋め込む

広告
eyecatch

テキストノートでは本文中にTwitterのツイートやYouTubeの動画を簡単に埋め込むことができます。また同じ仕組みを利用して通常のブログやWebサイトの簡単な概要付きでリンクを埋め込むこともできます。ここではテキストノートの本文にTwitterのツイートやYouTubeの動画を埋め込む方法について解説します。

Twitterのツイートを埋め込む

それでは実際に試してみます。テキストノートの作成画面を表示してください。

Twitterのツイートを埋め込む(1)

本文でEnterキーなどを押すと新しい段落が表示されますが、その時表示される「+」をクリックしてください。

Twitterのツイートを埋め込む(2)

Twitterのツイートを埋め込む(3)

次の4つのアイコンが表示されます。ツイートなどを埋め込む場合は「embed social」アイコンをクリックしてください。

Twitterのツイートを埋め込む(4)

埋め込むツイートや動画のURLを入力するテキストボックスが表示されます。

Twitterのツイートを埋め込む(5)

Twitterの場合、埋め込みたいツイートの右側に表示されている矢印をクリックし、表示されたメニューの中から「ツイートへのリンクをコピー」をクリックしてください。

Twitterのツイートを埋め込む(6)

コピーしたURLを先ほどのテキストボックスに入力しEnterキーを押してください。

Twitterのツイートを埋め込む(7)

ツイートがノートの本文の中に埋め込まれました。

Twitterのツイートを埋め込む(8)

では本文にツイートが埋め込まれたノートを投稿してみます。投稿されたノートはタイムラインに表示されますが、埋め込まれたツイートは表示されません。

Twitterのツイートを埋め込む(9)

ノートのタイトルをクリックしてノートの全文を表示すると埋め込まれたツイートも含めて表示されます。

Twitterのツイートを埋め込む(10)

YouTubeの動画を埋め込む

YouTubeの動画を埋め込む場合も同じ手順で行います。YouTubeの動画を埋め込むためのURLを取得するには、対象の動画のページを開き、表示されているURLをコピーします(短縮化されたURLだと埋め込めませんでした)。

YouTubeの動画をを埋め込む(1)

ノートの「embed social」アイコンをクリックして表示されたテキストボックスに動画のURLを入力しEnterキーを押してください。

YouTubeの動画をを埋め込む(2)

YouTubeの動画をを埋め込む(3)

YouTubeの動画がノートの本文の中に埋め込まれました。

Twitterのツイートを埋め込む(4)

ブログやWebサイトへのリンクを埋め込む

ツイートや動画だけではなく、通常のブログやWebサイトへのリンクを埋め込むこともできます。ノートの「embed social」アイコンをクリックして表示されたテキストボックスにブログやWebサイトへのURLを入力しEnterキーを押してください。

ブログやWebサイトへのリンクを埋め込む(1)

ブログやWebサイトへのリンクを埋め込む(2)

Webサイトへのリンクが本文の中に埋め込まれました。

ブログやWebサイトへのリンクを埋め込む(3)

リンク先ページのコンテンツの一部やOGPに設定している画像などが一緒に表示されます。

-- --

本文中にTwitterのツイートやYouTubeの動画を埋め込む手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。