ファイルを保存する

広告

Notepad++で新しく作成したファイルや、すでに作成済のファイルを開いて編集している場合には、任意のタイミングでファイルを保存することができます。Notepad++で新しいファイルを作成した時や既存のファイルに対して編集を行った後でファイルを保存する方法について解説します。

ファイルを上書き保存する

新しく作成したファイルでまだ一度も保存されていないファイルを保存する場合には上書き保存を使います。初めて保存する場合にはファイル名と保存する場所を指定する必要があります。例えば次のような新しく作成したファイルを保存してみます。

p6-1

「ファイル」メニューの中の「上書き保存」メニューをクリックして下さい。

p6-2

保存する場所とファイル名を指定するためのファイル選択ダイアログが表示されます。保存する場所へ移動したあと、ファイル名を入力して下さい。入力が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。

p6-3

ファイルの保存が完了しました。保存を行ってもファイルは閉じませんので、引き続き編集を行うことができます。

p6-4

-- --

新しいファイルであっても一度保存されたファイルや、既存のファイルを開いていた場合、「ファイル」メニューの中の「上書き保存」メニューをクリックするとファイル選択ダイアログは表示されずに、現在の場所とファイル名でそのまま上書きして保存されます。

次のように既存のファイルに対して編集したものを、同じファイルに上書き保存してみます。

p6-5

「ファイル」メニューの中の「上書き保存」メニューをクリックして下さい。

p6-6

同じファイルに上書きしての保存が完了します。

p6-7

ファイルを名前を付けて保存する

既存のファイルを編集したあとに、元のファイルに上書きするのではなく別のファイルとして名前を付けて保存することもできます。名前を付けて保存した場合には、元のファイルは編集する前の状態のままとなります。

例として次のファイルで試してみます。

p6-8

ファイルの中身を次のように変更します。

p6-9

ここで「上書き保存」をすると元のファイルに上書きしてしまいます。今回は「ファイル」メニューの中の「名前を付けて保存」メニューをクリックして下さい。

p6-10

元のファイルはそのままにして新しいファイルとして保存を行います。ファイル選択ダイアログが表示されますので、新しく保存するファイルの場所を選択し名前を指定して下さい。指定が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。

p6-11

編集したあとのファイルが新しいファイルとして保存されました。表示されているファイルのタブを見て頂くと分かる通り、Notepad++では新しく保存したファイルが開いています(元になったファイルは自動的に閉じられています)。

p6-12

確認のために元のファイルを開いてみると、編集前の状態のままになっていることが確認できます。

p6-13

ファイルの複製を別名で保存する

「名前を付けて保存」と似ていますが「複製を別名で保存する」で保存した場合には、現在の内容を新しいファイルに保存しつつ、元のファイルは編集した状態のまま引き続きNotepad++で開いている状態にすることができます。

例として次のファイルで試してみます。

p6-14

ファイルの中身を次のように変更します。

p6-15

今回は「ファイル」メニューの中の「複製を別名で保存」メニューをクリックして下さい。

p6-16

ファイル選択ダイアログが表示されますので、新しく保存するファイルの場所を選択し名前を指定して下さい。指定が終わりましたら「保存」をクリックして下さい。

p6-17

現在のファイルの内容が複製されて新しいファイルとして保存されました。この時、元のファイルは編集された状態が残ったまま引き続きNotepad++で開いています。元のファイルではまだ編集した内容が保存されていない状態なので、この先改めて保存したり破棄したりする必要があります。

p6-18

確認のために別名で保存したファイルを開いてみると、保存を行った時の元のファイルの内容がそのまま保存されていることが確認できます。

p6-19

このように「名前を付けて保存」と「複製を別名で保存」は名前が似ていますが保存のされ方が異なりますので、目的に応じて使い分けて下さい。

拡張子を変更して保存する

デフォルトの設定では新しく作成するファイルの言語は「標準テキスト」となっています。つまり新しいファイルはテキストファイルを作成していると判断されます。その為、ファイルを保存する時の拡張子は(*.txt)となっています。

p6-20

テキストエディタではテキストファイルではなく例えばHTMLファイルやスタイル―シート、そして各プログラミング言語のソースコードを書いている場合もあります。その場合は保存する時にファイルの拡張子を変更することができます。

では実際に試してみます。新しいファイルを作成し、Javaのソースコードを記述してみます。

p6-21

このファイルを名前を付けて保存します。初めて保存しますので、保存する場所とファイル名を指定するためのファイル選択ダイアログが表示されます。この時、ファイルの種類はデフォルトとして設定されている「Normal text file (*.txt)」となっています。

p6-22

拡張氏を変更するには「Normal test file (*.txt)」の個所をクリックして下さい。選択可能な拡張子の一覧が表示されます。今回はこの中かな「Java source file (*.java)」を選択しました。

p6-23

ファイルの種類が変更されました。保存する場所やファイル名を指定したら「保存」をクリックして下さい。

p6-24

ファイルがJavaのソースコードとして保存されました。拡張子を変更すると、それに伴ってファイルの「言語」が設定されます。詳しくは別のページで解説しますが、Notepad++ではファイルに設定した言語によってシンタックスハイライト(構文やキーワードが色付きで表示される)や一部テキストの折り畳み表示が行われるようになります。

p6-25

どの拡張子を選択したとしても、直接ファイル名のところに拡張子を記述すればその拡張子が有効となります。拡張子をファイル名に記述した場合は、選択した拡張子が最後に設定されることはありません。

文字コードを変更して保存する

デフォルトの設定では新しく作成するファイルの文字コードは「UTF-8(BOMなし)」となっています。Notepad++ではファイルを保存する時のファイル選択ダイアログの画面で文字コードを設定する箇所がありません。

p6-26

その為、別の文字コードでファイルを保存したい場合には保存する前に文字コードを変更しておく必要があります。ファイルの文字コードを変更する手順については「ファイルの文字コードを変更する」を参照されて下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)