スライドに対してクリップやダウンロードを行えなくする

広告

SlideShareで公開されているスライドはクリップしていつでも見れるようにしたりダウンロードしてローカルに保存することができますが、設定によってクリップとダウンローに関してそれぞれ許可しないようにすることができます。ここではスライドのクリップとダウンロードの可否に関する設定手順について解説します。

1.クリップをできないように設定
2.ダウンロードをできないように設定

デフォルトの設定では公開したスライドはクリップしていつでも参照できるようにすることができます。(クリップについては「お気に入りのスライドをクリップする」を参照されて下さい)。

公開したスライドにマウスを合わせると次のようにスライド右上に「Clip slide」の表示が出ればクリップすることができます。

p10-1

スライドでクリップできないように設定するには、自分が公開したスライドの下部に表示されている「Privacy Settings」をクリックして下さい。

p10-2

「Privacy Settings」の画面が表示されます。

p10-3

クリップに関する設定は「Allow users to clip slides?」の個所で行います。現在「Yes」になっており誰でもクリップできる状態です。

p10-4

クリップをできないようにするには「No」を選択して下さい。選択が終わりましたら「Update」をクリックして下さい。

p10-5

スライドに対するクリップが不可に設定されました。

設定変更後に改めてスライドを表示しマウスを合わせてみると「Clip slide」が薄く表示されクリックすることができなくなっていました。

p10-6

デフォルトの設定では公開したスライドはローカルの環境へダウンロードできるようになっています。(ダウンロードについては「スライドをダウンロードする」を参照されて下さい)。

公開したスライドの下部には次のように「Download」というボタンが表示されておりダウンロードを行うことができます。

p10-7

スライドをダウンロードできないように設定するには、自分が公開したスライドの下部に表示されている「Privacy Settings」をクリックして下さい。

p10-8

「Privacy Settings」の画面が表示されます。

p10-9

ダウンロードに関する設定は「Allow users to download?」の個所で行います。現在「Yes」になっており誰でもクリップできる状態です。

p10-10

ダウンロードをできないようにするには「No」を選択して下さい。選択が終わりましたら「Update」をクリックして下さい。

p10-11

スライドに対するダウンロードが不可に設定されました。

設定変更後に改めてスライドを表示してみると、スライドの下に表示されていた「Download」が表示されなくなっておりダウンロードが行えなくなっていました。

p10-12

-- --

SlideShareで公開したスライドに対してクリップやダウンロードを行えなくする設定方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )