スライドをブログやWebサイトに埋め込む

広告

スライドをブログやWebサイトの記事に埋め込み表示させることがでできます。埋め込み用のコードには汎用的なものとWordPress用のショートコードの2種類が用意されています。ここではスライドをブログやWebサイトに埋め込む方法について解説します。

1.埋め込み用コードを取得する
2.スライドのサイズと開始ページを変更する

埋め込みたいスライドを表示して下さい。

p13-1

スライドの埋め込み用コードを取得するにはスライドの下部に表示されている「Share」をクリックして下さい。

p13-2

次のような画面が表示されます。

p13-3

一般的な埋め込み用のコードは「Embed」のところにあるコードを、WordPress用には「WordPress Shortcode」にあるコードをコピーしてブログやWebサイトに張り付けて下さい。

p13-4

それではEmbedのところにあるコードをこの記事の下に実際に埋め込んでみます。

How Google Works from Eric Schmidt

スライドを記事の中で表示することができました。(スライドが何らかの理由で見れなくなった時のために表示されていた時の画像を下記に貼っておきます)。

p13-5

今回はWebサイトに埋め込みましたがWordPressで作られたブログであればWordPressのショートコードも利用できます。

スライドを埋め込む時にスライドのサイズを変更することができます。「Embed」のところに表示されたコードを一度クリックすると、コードの下に次のようにサイズ選択用のドロップダウンメニューが表示されます。

p13-6

選択可能なサイズの組み合わせが表示されますので、その中から埋め込まれた時に表示されるスライドのサイズを選択して下さい。

p13-7

またコードの下に開始ページ選択用のドロップダウンメニューが表示されます。

p13-8

スライドが埋め込まれた時に何ページ目を最初に表示するのかを選択して下さい。

p13-9

今回は例としてサイズを343x292、開始ページを7ページ目に設定してみました。サイズや開始ページを変更するとEmbed用のコードも自動的に修正されますので、新しいコードを埋め込んで下さい。

How Google Works from Eric Schmidt

指定したサイズと開始ページでスライドを記事の中で表示することができました。(スライドが何らかの理由で見れなくなった時のために表示されていた時の画像を下記に貼っておきます)。

p13-10

なおサイズや開始ページを変更しても、変更前に埋め込んであったコードには影響しません。

( Written by Tatsuo Ikura+ )