ユーザーをブロックする

広告

色々な理由によって特定のユーザーからフォローされたくない場合にはそのユーザーをブロックすることができます。ブロックされたユーザーはブロックしたユーザーをフォローしたりリストに追加することはできなくなります。ここでは特定のユーザーをブロックする方法について解説します。

1.ユーザーをブロックする
2.ブロックされるとどうなるのか
3.ブロックするとどうなるのか
4.ブロックを解除する

ユーザーをブロックするには、ブロックしたいユーザーのプロフィールページを表示して下さい。

p1-1

画面右側に表示されている歯車アイコンをクリックして下さい。

p1-2

表示されたメニューの中から「@xxxさんをブロックする」と書かれたメニューをクリックして下さい。

p1-3

確認ダイアログが表示されます。ブロックしてよろしければ「ブロック」をクリックして下さい。

p1-4

ブロックが完了しました。ブロックしたユーザーのプロフィールページを表示すると次のように「@xxxさんはブロックされています」と表示され、相手のタイムラインなどは表示されなくなります(後で説明しますがブロックを解除せずに見ることもできます)。

p1-5

相手にブロックされてしまうと次のようなことが起こります。

・フォローしていた相手にブロックされると、フォローが自動的に外れます
・自分が作成したリストに相手を追加していた場合は、リストから自動的に削除されます
・ブロックされた相手のプロフィールページを表示することはできません

実際にブロックされた相手のプロフィールページを表示してみると、次のように「ブロックされているため、@xxxさんのフォローや@xxxさんのツイートの表示はできません。」と表示されます。

p1-6

ブロックされている相手のプロフィールページには「フォローする」ボタンが表示されていませんが、他の画面ではブロックされた相手の「フォローする」ボタンが表示されることがあります。ただ「フォローする」をクリックしても「ブロックされているのでこのユーザーをフォローできません」と表示されてフォローすることはできません。

p1-7

このようにブロックされてしまうと相手をフォローしたりリストに追加することができなくなり、相手のツイートを見ることができなくなります。

他のユーザーをブロックすると次のようなことが起こります。

・ブロックした相手をフォローしていた場合、フォローが自動的に外れます
・自分が作成したリストに相手を追加していた場合は、リストから自動的に削除されます
・ブロックした相手のプロフィールページを表示することはできません

実際にブロックした相手のプロフィールページを表示してみると、次のように「@xxxさんはブロックされています」と表示されます。

p1-8

タイムラインも非表示となっていますが、相手のツイートを見たい場合にはプロフィールページに表示されている「ツイートを見る」をクリックして下さい。

p1-9

ブロックしたまま相手のツイートを閲覧することができます。

p1-10

このようにブロックした相手のフォローなどは自動で外れますが、相手のツイートは閲覧しようと思えばすることができます。

ブロックした相手のブロックを解除したい場合には、まず相手のプロフィール画面を表示して下さい。ブロックしている場合は画面右側に「ブロック中」というボタンが表示されています。

p1-11

このボタンにマウスを合わせると「ブロック中」から「ブロック解除」という表示に変わりますのでクリックして下さい。

p1-12

ブロックしていた相手のブロックが解除されました。

p1-13

ブロックを解除してもブロックする前の状態に戻るわけではありません。フォローする場合には改めてフォローする必要がありますし、ブロック前に相手が自分をフォローしていた場合もブロックを解除してもフォローは外れたままです。

Twitterの使い方 記事一覧へ

( Written by Tatsuo Ikura+ )