グループを作成して複数のユーザーでダイレクトメッセージを共有する

広告

ダイレクトメッセージは 1 対 1 のやり取りだけでなく 3 人以上のユーザーによるグループを作成し、グループに対して送信されたダイレクトメッセージを共有することができます。ここではグループを作成してダイレクトメッセージを共有する方法について解説します。

グループでダイレクトメッセージを利用する

グループで利用するには二人以上のユーザーに対してダイレクトメッセージを送信することでグループで利用できるようになります。では実際に試してみます。ホーム画面の画面左側に表示されているメニュー一覧の中から「メッセージ」をクリックしてください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(1)

ダイレクトメッセージのページが表示されます。

グループでダイレクトメッセージを利用する(2)

新しいダイレクトメッセージを送信するため、次のアイコンをクリックしてください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(3)

新しいメッセージの作成画面が表示されます。

グループでダイレクトメッセージを利用する(4)

ダイレクトメッセージの送信先を指定します。まず一人目を追加してください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(5)

グループでダイレクトメッセージを利用する(6)

今回はグループでの利用なので少なくとも二人以上の送信先を指定します。先ほどと同じ手順で二人目を検索してから追加してください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(7)

グループでダイレクトメッセージを利用する(8)

追加する複数のユーザー間でフォローしているかどうかは関係ありません。

今回は自分を含めて三人のグループで行いますが、さらに追加する場合は同じ手順で追加してください。あとからグループに他のユーザーを追加することもできます。追加が終わりましたら右上の「次」をクリックしてください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(9)

送信先の設定が終わりました。ダイレクトメッセージのページこのグループ用のスレッドが作成されました。

グループでダイレクトメッセージを利用する(10)

それでは新しいメッセージを投稿してみます。グループに参加している複数のユーザー宛てに一斉に送信される点が違うだけで、メッセージの作成や送信方法は 1 対 1 のダイレクトメッセージと同じです。右下のエリアでメッセージを入力し、 [Enter] キーを押すか右側に表示されているアイコンをクリックしてください。

グループでダイレクトメッセージを利用する(11)

ダイレクトメッセージが送信されました。最初のメッセージが送信されると、左側のエリアに送信先の名前が表示されます。

グループでダイレクトメッセージを利用する(12)

グループに追加されたユーザーのダイレクトメッセージのページ

それでは追加された二人のユーザーのダイレクトメッセージのページを表示してみます。追加された側のユーザーで Twitter にログインしたあとダイレクトメッセージのページを表示してみると、左側のエリアにグループの名前が表示されています。

グループでダイレクトメッセージを利用する(13)

名前をクリックすると右側のエリアに受信したダイレクトメッセージに加えてどのユーザーがこのグループに追加されているのかが表示されます。

グループでダイレクトメッセージを利用する(14)

グループでダイレクトメッセージを利用する(15)

もう一人のユーザーで Twitter にログインしてからダイレクトメッセージのページを表示してみると、同じようにダイレクトメッセージが届いています。

グループでダイレクトメッセージを利用する(16)

グループでダイレクトメッセージを利用する(17)

グループに参加しているユーザーからグループに対して新しいダイレクトメッセージを送信すると、同じように参加している全員にメッセージが届きます。

グループでダイレクトメッセージを利用する(18)

グループでダイレクトメッセージを利用する(19)

グループでダイレクトメッセージを利用する(20)

グループでダイレクトメッセージを利用する(21)

このように複数のユーザーが含まれるグループに対してダイレクトメッセージを送信して参加者全員で共有することができます。

-- --

グループを作成してダイレクトメッセージを共有する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。