検索結果のタイムラインをブログやWebサイトに埋め込む

広告

Twitterで指定したキーワードで検索した結果を自動的に表示するようにブログやWebサイトに埋め込むことができます。ここでは検索結果のタイムラインをブログなどに埋め込む方法について解説します。

1.検索結果を埋め込むためのコードを取得する
2.ウィジェットの編集

検索結果のタイムラインを表示するためのコードを取得するには、Twitterのホーム画面にて画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p3-1

画面左側に表示されているメニュー一覧の中から「ウィジェット」をクリックして下さい。

p3-2

ウィジェットの画面が表示されます。

p3-3

「新規作成」をクリックし、表示された種類の中から「検索」をクリックして下さい。

p3-4

検索ウィジェットを作成する画面が表示されます。

p3-5

画面左側に表示されている「検索クエリ」の右側にあるテキストボックスに検索を行いたいキーワードを入力して下さい。単なる文字列でもハッシュタグでも検索できます。

p3-6

例として検索クエリに「天気」と入力してみます。入力が終わると画面右側に表示されているプレビューのところに検索結果が表示されます。あとで取得するコードをブログなどに埋め込むと、ここで表示されたプレビューと同じ結果が表示されます。

p3-7

それではコードを取得してみます。画面左下の「ウィジェットを作成」をクリックして下さい。

p3-8

ウィジェットが作成され、ブログやWebサイトに埋め込むためのコードが表示されました。

p3-9

では取得したコードをブログに挿入してみます。今回はBloggerのブログで試してみました。サイドバーに挿入してみます。

p3-10

ブログを表示してみるとサイドバーに指定したキーワードの検索結果のタイムラインが表示され、最新のものから順にツイートが表示されました。

p3-11

作成した検索ウィジェットは保存されており、後から編集を行って検索するキーワードを変更したり表示の仕方をカスタマイズすることができます。作成済のウィジェットを確認するには、新規にウィジェットを作成した時と同じ手順でウィジェットの画面を表示して下さい。作成済のウィジェットが表示されています。

p3-12

作成済のウィジェットを編集するには、編集したいウィジェットの右側に表示されている「編集」をクリックして下さい。

p3-13

作成済のウィジェットの編集画面が表示されます。

p3-14

ウィジェットの編集を行うと、既にこのウィジェットのコードを埋め込んであるブログやWebサイトはコードを改めて貼りなおさなくても変更した内容が反映されます。では試しに検索キーワードを変更してみます。現在「天気」検索しているものを「天気予報」に変更してみます。

p3-15

また表示されるタイムラインの「高さ」を400px、「テーマ」を「暗い」に変更してみます。

p3-16

編集が終わりましたら「変更を保存」をクリックして下さい。

p3-17

ウィジェットで編集した内容が保存されました。反映されるまでに少し時間がかかる場合もあるようです。

p3-18

それでは既にウィジェットのコードを埋め込んであったブログを見てみます。するとコードは変更していませんが、ウィジェットに対して行った編集が反映されています。

p3-18

----

検索タイムラインを表示するためにウィジェットを作成する手順と、作成済のウィジェットを編集する方法について解説しました。

Twitterの使い方 記事一覧へ

( Written by Tatsuo Ikura+ )