Twitterの投票機能の使い方

広告

Twitter では簡単な投票機能が利用できます。質問とそれに対する回答をいくつか用意し、他のユーザーに回答を選択してもらいます。ここでは Twitter の投票機能の使い方について解説します。

投票を作成する

Twitter で投票を作成するにはツイートの作成画面がで次のアイコンをクリックしてください。

投票を作成する(1)

投票の作成画面が表示されます。

投票を作成する(2)

「質問する」と表示されているところに質問項目を入力してください。

投票を作成する(3)

質問に対する回答の候補を少なくとも 2 つ入力してください。

投票を作成する(4)

回答の候補を追加する場合は「+」をクリックしてください。回答の候補を入力する欄が一つ増えます。

投票を作成する(5)

投票を作成する(6)

3 番目の回答の候補に入力したあと、さらに追加する場合は同じように「+」をクリックして追加します。今回は回答の候補は 3 つで終わりです。

投票を作成する(7)

3 番目の回答の候補に入力したあと、さらに追加する場合は同じように「+」をクリックして追加します。候補の入力が終わりましたら最後に投票期間を設定してください。日、時、分、を指定でき一番短い期間は 5 分となります。今回は 15 分に設定しました。

投票を作成する(8)

投票の作成が終わりましたら「ツイートする」をクリックしてください。

投票を作成する(9)

投票ツイートが作成されて投稿されました。

投票を作成する(10)

投票ツイートは通常のツイートと同じく自分と自分をフォローしているユーザーのタイムラインに表示されます。また自分のタイムラインでは投票のツイートは投票された結果が表示されています。

他のユーザーが投票を行う

投票ツイートが他のユーザーのタイムラインでどのように表示されているのかを確認します。

他のユーザーが投票を行う(1)

まだ投票を行っていないユーザーのタイムラインでは、質問と回答の候補が表示されています。回答を行う場合には、候補の一つをクリックします。

では実際に候補の一つをクリックしてみます。すると投票が行われて、ここまでの投票結果が表示されます。

他のユーザーが投票を行う(2)

他のユーザーが投票を行う(3)

一度投票を行うと、そのユーザーは投票を変更したり投票していない状態に戻すことはできません。

まだ投票を行っていないユーザーのタイムラインでは、投票期限になるまでは質問と回答の候補が引き続き表示されます。また自分をフォローしていないユーザーであっても、検索やプロフィールページなどから投票ツイートを見た場合には誰でも投票することができます。

他のユーザーが投票を行う(4)

投票期限が過ぎると、投票を行ったユーザーも投票を行っていないユーザーも同じように投票結果が表示されます。

他のユーザーが投票を行う(5)

投票を作成したユーザーには誰がどの候補に回答したのか分かるのかどうか

投票をした結果、誰がどの候補に回答したのかについて投票を作成したユーザーに伝わるのかどうかは気になるところかと思いますが、投票を作成したユーザーにも他のユーザーと同じ内容しか知ることができません。まったく同じツイートが表示されます。

投票を作成したユーザーには誰がどの候補に回答したのか分かるのかどうか(1)

その為、どのユーザーが投票してくれたのかどうかや、どのユーザーがどの候補に投票してくれたのかは投票を作成したユーザーにも伝わることはありません。

なお投票を作成したユーザーには、投票期間が終わると次のような通知が届きます。

投票を作成したユーザーには誰がどの候補に回答したのか分かるのかどうか(2)

----

Twitter の投票機能の使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。