Twitter検索の使い方

広告

Twitterでは画面右上に検索ボックスが用意されておりツイートやユーザーを検索することができます。ここでは検索の基本的な使い方とについて解説します。

なお日付や送信元などを指定して検索するなどより細かい条件を設定して検索する方法については「Twitter検索オプションと高度な検索」で解説しています。合わせてご覧下さい。

1.検索手順と種類別の検索結果の表示
2.検索フィルタの利用方法
3.検索履歴の利用と削除
4.検索履歴を保存する
5.Twitter検索を行える専用ページ

Twitterで検索を行う場合は画面右上に表示されている検索ボックスを使います。

p37-1

検索ボックスを一度クリックして下さい。この時過去に検索したキーワードが表示される場合があります。

p37-2

検索ボックスに検索したいキーワードを入力して下さい。入力したキーワードに関連するキーワードの候補や、名前が入力したキーワードに一致するユーザーの候補などが表示されます。

p37-3

検索の目的がユーザーの検索で、表示された候補の中に目的のユーザーが見つかった場合はクリックして下さい。ユーザーのプロフィールページが表示されます。そうでない場合には虫眼鏡アイコンをクリックして下さい。

p37-4

検索結果のページが表示されます。

p37-5

キーワードに対して「話題のツイート」「すべてのツイート」「ユーザー名」「画像」「動画」「その他」についてそれぞれ検索結果を見ることができます。デフォルトでは「話題のツイート」の結果が表示されていますので、例えば「ユーザー名」に対する検索結果を見たい場合には「ユーザー名」をクリックして下さい。

p37-6

入力したキーワードでユーザー名を検索した結果が表示されます。

p37-7

「動画」をクリックした場合は、入力したキーワードでツイートに含まれる動画を検索した結果が表示されます。

p37-8

検索結果ページの左上に「検索フィルタ」という項目があります。検索フィルタを利用すると検索の対象となるツイートをフォロワー限定にしたり言語を指定したりすることができます。

p37-9

検索フィルタを利用するには「表示」をクリックして下さい。

p37-10

フィルタの3つの項目に関するメニューが表示されます。(ユーザー名に関しては言語のフィルタは行えません)。

p37-11

一番目のメニューでは対象となるツイートとして全ユーザーのツイートを対象にするか、それともフォローしているユーザーのツイートだけを対象にするのかを設定できます。

p37-12

例えば「舞台」というキーワードで検索し、検索フィルタで「フォローしているユーザーのみ」を選択すると、自分がフォローしているユーザーのツイートだけを対象に検索した結果が表示されます。

p37-13

二番目のメニューでは対象となるツイートとして全地域のユーザーのツイートを対象にするか、それとも近くの場所のユーザーのツイートを対象にするのかを設定できます。

p37-14

例えば「ラーメン」というキーワードで検索し、検索フィルタで「近くの場所」を選択すると、自分の住んでいる地域の近くに住むユーザーのツイートだけを対象に検索した結果が表示されます。

p37-15

三番目のメニューでは対象となるツイートの言語を指定することができます。

p37-16

例えば「Holiday」というキーワードで検索し、検索フィルタで「英語(English)」を選択すると、英語で記述されたツイートだけを対象に検索した結果が表示されます。

p37-17

検索を行うために検索ボックスをクリックすると過去に検索したキーワードの履歴が表示されます。

p37-18

履歴に表示されているキーワードと同じ検索を行いたい場合は、履歴のキーワードをクリックして下さい。

p37-19

クリックしたキーワードの検索結果が表示されます。

p37-20

検索履歴は最大4つまで保存されます。新しい検索を行うと、古い検索結果から削除されます。

-- --

検索履歴は手動で削除することもできます。削除したい履歴の右側に表示されている「×」をクリックして下さい。

p37-21

検索履歴が削除されました。

p37-22

全ての履歴をまとめて削除するには「すべて消去」をクリックして下さい。まとめて削除されます。

p37-23

履歴が全て削除されました。(履歴が一つもない場合は検索ボックスをクリックしても何も表示されません)。

p37-24

Twitterで検索を行うと自動的に履歴が残りますが、検索履歴は最大で4つまでしか残りません。検索したキーワードを残しておきたい場合は保存することができます。検索を保存するには、検索を行ったあとで検索結果の右上に表示されている「・・・」をクリックして下さい。

p37-25

表示されたメニューの中から「検索メモに保存」をクリックして下さい。

p37-26

検索履歴が保存されました。

保存された検索履歴がある場合は、検索ボックスをクリックした時に最近の検索履歴の下に保存された検索履歴が表示されるようになります。

p37-27

検索の保存は1つだけでなく複数保存することができます。また保存したものを削除する場合は、検索履歴の削除と同じ手順で削除したい履歴の右側に表示されている「×」をクリックして下さい。

p37-28

保存してあった検索履歴が削除されました。

p37-29

Twitterで検索を行う場合には画面右上の検索ボックスで行いますが、検索を行うためのページも用意されています。

p37-30

検索ボックスをクリックすると、ホーム画面で検索ボックスをクリックした時と同じ検索履歴や保存した検索履歴が表示されます。

p37-31

検索の仕方や、検索の結果の表示のされ方などもホーム画面から行った場合と同じです。

p37-32

検索ボックスの入力エリアが広くなっていますので複雑な検索クエリなどを入力される場合などには便利です。

Twitterの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )