言語とタイムゾーンを設定する

広告

Twitterで表示されるメニューは日本語で表示されていますが別の言語に変更することもできます。またご利用の地域に合わせてタイムゾーンを設定することもできます。ここでは言語とタイムゾーンを設定する方法について解説します。

1.表示言語を設定する
2.タイムゾーンを設定する

現在Twitterの画面はメニューなどが日本語で表示されています。これは言語設定が「日本語」になっているためです。言語設定を他の言語に変更することで、メニューを別の言語で表示するようにできます。

p7-1

言語設定を変更するには、画面右上のプロフィール画像をクリックし、表示されてドロップダウンメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p7-2

「設定」画面が表示されます。デフォルトで「ユーザー情報」に関する画面が表示されていると思いますが、違う画面が表示されている場合は画面左側メニューの中で「ユーザー情報」メニューをクリックして下さい。

p7-3

「言語設定」の個所で使用する言語を選択します。現在は日本語が選択されています。

p7-4

今回は例として「English - 英語」を選択しました。

p7-5

言語の選択が終わりましたら、画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p7-6

確認ダイアログが表示されますので、ログイン時に使用しているパスワードを入力し「変更を保存」をクリックして下さい。

p7-7

言語設定が日本語から英語に変更となりました。「設定」画面で表示されているメニューも英語で表示されています。

p7-8

ホーム画面を表示してみると名前やツイート内容はもちろん日本語のままですが、その他の部分は英語で表示されています。

p7-9

続いてタイムゾーンの設定です。タイムゾーンを設定した場合にどの部分に影響がでるのかいい例が見つからなかったのですが、ご自身の住んでいる場所にあったタイムゾーンに設定しておきます。タイムゾーンの設定は先ほどの言語の設定と同じ「設定」画面の中の「ユーザー情報」のページで行います。

p7-10

「タイムゾーン」の個所で使用するタイムゾーンを選択します。現在は「GMT-8:00) Pacific Time(US & Canada)」が選択されています。これはアメリカに住んでいる時に使用するタイムゾーンです。

p7-11

日本で利用する場合はタイムゾーンとして「(GMT+9:00) Tokyo」を選択して下さい。(OsakaでもSapporoでも(GMT+9:00)のものであれば同じです)。

p7-12

タイムゾーンの選択が終わりましたら、画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p7-13

確認ダイアログが表示されますので、ログイン時に使用しているパスワードを入力し「変更を保存」をクリックして下さい。

p7-14

タイムゾーンの設定はこれで完了です。

Twitterの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )