他のユーザーが作成したリストを保存する

広告

Twitter では自分でリストを作成する以外に、他のユーザーが作成したリストを保存しておきいつでも見れるようにすることができます。逆に自分が作成したリストも他のユーザーが自由に保存することができます。ここでは他のユーザーが作成したリストを保存する方法について解説します。

他のユーザーのリストを保存する

他のユーザーが作成したリストを閲覧するには、そのユーザーのプロフィールページから行います。今回は次のユーザーが作成したリストを保存してみます。

他のユーザーのリストを保存する(1)

プロフィールページに表示されている「・・・」をクリックしてください。

他のユーザーのリストを保存する(2)

表示されたメニューの中から「リストを表示」をクリックしてください。

他のユーザーのリストを保存する(3)

対象のユーザーのリストの管理画面が表示されます。

他のユーザーのリストを保存する(4)

保存したいリストをクリックしてください。

他のユーザーのリストを保存する(5)

リストのページが表示されます。このリストを保存するには「保存する」をクリックしてください。

他のユーザーのリストを保存する(6)

他のユーザーのリストを保存する(7)

このリストを保存することができました。

他のユーザーのリストを保存する(8)

保存したリストを閲覧する

保存しておいた他のユーザーのリストを閲覧するには、ホーム画面の左側に表示されているメニュー一覧の中から「リスト」をクリックしてください。

保存したリストを閲覧する(1)

リストの管理画面が表示されます。「保存済み」タブをクリックしてください。

保存したリストを閲覧する(2)

保存したリストの一覧が表示されます。

保存したリストを閲覧する(3)

リストのタイムラインを閲覧したい場合には、一覧の中からリストをクリックしてください。

保存したリストを閲覧する(4)

リストのページが表示され、リストのタイムラインを閲覧することができます。

保存したリストを閲覧する(5)

リストの保存を解除する

保存しておいたリストを解除するには先ほどと同じようにリストの管理画面を表示し、「保存済み」タブをクリックしてください。現在保存されているリストの一覧が表示されます。

リストの保存を解除する(1)

保存を解除したいリストをクリックしてください。

リストの保存を解除する(2)

リストのページが表示されます。このリストの保存を解除するには「解除する」をクリックしてください。

リストの保存を解除する(3)

リストの保存を解除する(4)

このリストの保存が解除されました。

リストの保存を解除する(5)

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する

自分が作成したリストや他のユーザーが作成したリストがどのユーザーに保存されているのかを確認してみます。今回は例として自分が作成したリストで確認してみます。先ほどと同じようにリストの管理画面を表示し、「保存済み」タブをクリックしてください。現在保存されているリストの一覧が表示されます。

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する(1)

誰に保存されているのかを確認したいリストをクリックしてください。

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する(2)

リストのページが表示されます。「xx 登録アカウント」と表示されている個所をクリックしてください。

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する(3)

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する(4)

このリストを保存しているユーザーの一覧が表示されました。

作成したリストが誰に保存されているのかを確認する(5)

-- --

他のユーザーが作成したリストを保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。