モーメントを下書きとして保存する

広告

モーメントを作成したあとで公開をするとすぐに誰でも閲覧できる状態となりますが、まだ完成していない場合などにはいったん下書きとして保存しておくことができます。下書きとして保存したモーメントはあとから編集をしたりツイートを追加したりしたあとで公開することができます。ここではモーメントを下書きとして保存する方法について解説します。

作成中のモーメントを下書きとして保存する

新しいモーメントを次のように作成していたとします。

作成中のモーメントを下書きとして保存する(1)

まだカバー画像の設定やツイートの追加も途中の状態ですが、ここでいったん作業を中断し保存しておきたい場合にはモーメントを下書きとして保存しておくことができます。下書きとして保存したものは他の利用者に見られることはありませんし、後から再び編集したり公開したりすることができます。モーメントを下書きとして保存するには画面右上に表示されている「後で」をクリックしてください。

作成中のモーメントを下書きとして保存する(1)

下書きへの保存が完了し、保存されたモーメントが表示されました。

作成中のモーメントを下書きとして保存する(3)

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする

下書きとして保存したモーメントをあとから再度編集したり公開したりするにはモーメントのページから行います。画面左側に表示されているメニュー一覧から「もっと見る」をクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(1)

表示されたメニューの中から「モーメント」をクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(2)

モーメントのページが表示されます。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(3)

モーメントのページでは作成済みのモーメントの一覧が表示されますが、下書きとして保存されているモーメントには「下書き」と表示されています。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(4)

編集したり公開したりしたいモーメントをクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(5)

モーメントが表示されます。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(6)

画面右上に表示されている「・・・」をクリックしてください。表示されたメニューの中から「編集する」をクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(7)

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(8)

モーメントの編集画面が表示されます。必要に応じて編集を行ってください。保存していた下書きを編集せずに公開する場合もここまでは同じ手順となります。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(9)

編集が終わり再び下書きとして保存したい場合には画面右上に表示されている「後で」をクリックしてください。この場合は元の下書きに上書きされて保存されます。下書きを公開したい場合には「モーメントを公開」をクリックしてください。モーメントが公開されると元になった下書きは破棄されます。今回は「モーメントを公開」をクリックしてみます。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(10)

確認ダイアログが表示されますので「モーメントを公開」をクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(11)

作成したモーメントへのURLを含むツイートを投稿するには「ツイート」をクリックしてください。ツイートを投稿する必要がなければ「×」をクリックして閉じてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(12)

モーメントの公開が完了しました。最後に画面右上の「完了」をクリックしてください。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(13)

公開されたモーメントが表示されました。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(14)

モーメントのページを再度表示してみると、下書きとして保存されていたものがなくなり代わりに公開されたモーメントが表示されています。

下書きとして保存したモーメントを編集したり公開したりする(15)

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする

一度公開したモーメントをあとから非公開の状態に戻したあとで下書きとして保存することもできます。モーメントのページを表示し、下書きに戻したいモーメントをクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(1)

モーメントが表示されます。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(2)

画面右上に表示されている「・・・」をクリックし、表示されたメニューの中から「編集する」をクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(3)

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(4)

確認ダイアログが表示されます。「続ける」をクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(5)

モーメントの編集画面が表示されます。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(6)

最初にモーメントを非公開の状態に戻します。画面左上に表示されている「・・・その他」をクリックし、表示されたメニューの中から「モーメントの公開をやめる」をクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(7)

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(8)

確認ダイアログが表示されます。「公開をやめる」をクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(9)

モーメントが公開前の状態に戻ります。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(10)

モーメントを公開せずに下書きとして保存するには画面右上の「後で」をクリックしてください。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(11)

下書きとして保存されているモーメントが表示ました。これで公開していたモーメントを非公開にして下書きに戻す作業は完了です。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(12)

モーメントのページを表示してみると、先ほどのモーメントが下書きになっていることが確認できます。

公開中のモーメントを下書きに戻して非公開にする(13)

-- --

モーメントを下書きとして保存する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。