ツイートを非公開にする

広告

特に設定をしていない場合、自分が投稿したツイートは公開されており誰でも閲覧が可能です。自分のツイートをフォロワーだけに限定して公開したい場合にはTwitterを非公開にすることができます。非公開にした場合には自分のフォロワーしかツイートを見ることができず、そのユーザーをフォローする場合は許可が必要となります。ここではツイートを非公開に設定する方法について解説します。

1.ツイートの公開と非公開を切り替える
2.非公開のツイートは他のユーザーからどのように見えるのか
3.ツイートを非公開にしたユーザーをフォローする手順
4.ツイートを非公開にしたユーザーをリストに追加する

ツイートを非公開にするにはホーム画面の右上に表示されているプロフィール画像をクリックし、表示されたメニューの中から「設定」メニューをクリックして下さい。

p1-1

画面左側に表示されているメニューの中から「セキュリティとプライバシー」をクリックして下さい。

p1-2

セキュリティとプライバシーの画面が表示されます。

p1-3

「ツイートの公開設定」のところにある「ツイートを非公開にする」にチェックをして下さい。

p1-4

画面下部の「変更を保存」をクリックして下さい。

p1-5

設定を変更するためにパスワードが必要となります。Twitterのログイン用パスワードを入力し、「変更を保存」をクリックして下さい。

p1-6

ツイートが非公開となりました。

p1-7

ツイートを非公開にすると、プロフィールページの名前の横やタイムラインなどに表示される自分のツイートのユーザー名に後に鍵マークが付きます。

p1-8

なお非公開にしたものを改めて公開にする場合は、同じ手順で「ツイートを非公開にする」のチェックを外して下さい。

ツイートを非公開にした場合、自分をフォローしているユーザーはツイートを閲覧できますがフォローしていないユーザーは閲覧できなくなります。またリストに追加していた場合もツイートを非公開にしたユーザーのツイートはリストのタイムラインに表示されなくなります。それぞれ実際に確認してみます。

非公開にする前から自分をフォローしていたユーザーのタイムラインには今まで通り非公開のツイートも表示されます。

p1-9

ただし非公開のツイートに返信やいいねはできますがリツイートすることはできません。

p1-10

ツイートを非公開にしているユーザーのプロフィールページも表示できます。

p1-11

ツイートを非公開にしても、非公開にする前からフォローされていたユーザーは引き続ぎツイートを閲覧できる点にご注意下さい。

----

次に自分をフォローしていないユーザーから見た場合です。フォロワーではないユーザーがツイートを非公開にしているユーザーのプロフィールページにアクセスすると「このアカウントのツイートは非公開です。」と表示されてツイートを閲覧することができません。

p1-12

----

次にツイートを非公開にしたユーザーをリストに追加していたユーザーから見た場合です。ツイートが非公開になる前に次のようにリストにユーザーを追加していました。

p1-13

ユーザーがツイートを非公開にした後でリストを確認してみるとリストには引き続き追加されたままでした。

p1-14

ただツイートは非公開なのでリストのタイムラインをみても非公開のユーザーのツイートは表示されません。

p1-15

ツイートを公開にしているユーザーは自由にフォローすることができますが、ツイートを非公開にしているユーザーをフォローする時は承認が必要となります。

それでは実際に試してみます。フォローしたいユーザーのプロフィールページにアクセスし、表示されている「フォローする」をクリックして下さい。

p1-16

「フォローする」と表示されていたボタンが「フォロー許可待ち」という表示に変わり相手側の許可を待っている状態となりました。

p1-17

-- --

ツイートを非公開にしているユーザー側では、フォローの承認リクエストがあった場合に許可または拒否をすることができます。フォローのリクエストが他のユーザーからあった場合、ホーム画面の画面左側に「xx件の新しいフォローリクエスト」というボタンが表示されます。許可または拒否する場合はクリックして下さい。

p1-18

フォローの許可待ちになっているユーザーの一覧が表示されます。

p1-19

ユーザーごとに「許可する」と「拒否する」のボタンが表示されています。フォローを許可する場合は「許可する」を、拒否する場合は「拒否する」をクリックして下さい。まず一人の目のユーザーの「許可する」をクリックしてみます。

p1-20

許可された相手のユーザーのフォロー一覧を見てみると、フォローが完了していることが確認できます。特に許可されたことの通知などはされませんでした。

p1-21

次に許可待ちになっているもう一人のユーザーについては「拒否する」をクリックしてみます。

p1-22

拒否された相手側には何も通知などが行われず、許可待ちだったものがフォローの申請を行う前の状態に戻っただけでした。拒否されると二度と申請できないわけではなく、再び「フォローする」をクリックすると申請が行われるようです。

ツイートを非公開にしているユーザーを自分が作成したリストに追加しようとすると、そのユーザーをフォローしていない場合には「この操作は許可されていない可能性があります。 ページを再読み込みしてお試しください。」と表示されて追加することができません。

p1-23

ツイートを非公開にしているユーザーを既にフォローしているユーザーの場合には、通常と同じように自分が作成したリストに追加することができます。

p1-24

-- --

ツイートを非公開にする方法、およびツイートを非公開にしているユーザーをフォローする手順について解説しました。

Twitterの使い方 記事一覧へ

( Written by Tatsuo Ikura+ )