誕生日と公開範囲を設定する

広告

Twitterでは自己紹介や場所などの他に誕生日を設定することもできます。他の項目が一般に公開されるのと違い誕生日は公開する範囲を選択することができます。ここでは誕生日を設定する方法について解説します。

1.誕生日を設定する
2.プロフィールページにどのように誕生日が表示されるか確認する
3.誕生日の設定を削除する

誕生日の設定は他のプロフィールの項目と同じくプロフィールの設定画面で行います。画面右上に表示されているプロフィール画像をクリックし、表示されたメニューの中から「プロフィールを表示」をクリックして下さい。

p3-1

プロフィールページが表示されます。画面右側にある「プロフィールを編集」をクリックして下さい。

p3-2

プロフィールの編集画面が表示されます。

p3-3

画面左側の「誕生日」をクリックして下さい。

p3-4

誕生日の年月日を入力し、公開範囲を設定できる画面が表示されます。

p3-5

左から順に「月」「日」「年」の順番で生年月日を入力して下さい。

p3-6

次に公開範囲を設定します。Twitterでは誕生日を「年」と「月」「日」の2つのグループに分けて、それぞれ異なる公開範囲を設定できます。設定できる項目は公式ヘルプによれば次の通りです。

公開: 一般公開されます
フォロワー: フォローしてくれているユーザーにだけ公開します
フォローしているユーザー: 自分がフォローしているユーザーにだけ公開します
相互フォロー中です: お互いにフォローしているユーザーだけに公開します
自分のみ: 自分しか見ることはできません

「月」「日」はデフォルトでは「相互フォローのユーザー」に対して公開しています。設定を変更する場合は「月」「日」の右に表示されている矢印をクリックし、表示されたメニューの中から設定したい公開範囲をクリックして下さい。今回は「フォロワー」に変更してみます。

p3-7

公開範囲が「フォロワー」に変更されました。

p3-8

「年」はデフォルトでは「自分のみ」に対して公開しています。設定を変更する場合は「年」の右に表示されている矢印をクリックし、表示されたメニューの中から設定したい公開範囲をクリックして下さい。今回こちらは変更しません。

p3-9

設定が終わりましたら画面右側の「変更を保存」をクリックして下さい。これで誕生日の設定は完了です。

p3-10

それでは誕生日がプロフィールページでどのように表示されるのかを確認してみます。まず自分自身がTwitterにログインしている状態で自分のプロフィールを見てみます。すると誕生日の「年」「月」「日」が全て表示されています。

p3-11

次に自分をフォローしてくれているユーザーが自分のプロフィールをページを見た場合です。フォロワーには「月」「日」は公開されていますが「年」は公開されていないため「月」と「日」だけが表示されています。

p3-12

最後にフォロワーではないユーザーが自分のプロフィールをページを見た場合です。「月」「日」「年」のいずれも公開されていないため誕生日に関する情報は表示されていせん。

p3-13

このように誕生日に関しては公開範囲を細かく設定することができます。

誕生日の設定を削除して、元の表示されていない状態に戻す方法も確認しておきます。プロフィールの編集画面で誕生日の個所をクリックして下さい。

p3-14

誕生日の「年」「月」「日」を設定できる画面が表示されます。

p3-15

誕生日の設定を削除するには、「年」「月」「日」の各項目を設定前の状態に戻して下さい。例えば「月」であれば「7月」などではなく単に「月」と書かれた値を選択して下さい。

p3-16

それぞれの項目を設定前の状態に戻すと次のようになります。

p3-17

設定が終わりましたら画面右側の「変更を保存」をクリックして下さい。これで誕生日に関する設定は削除されました。

p3-18

それでは確認してみます。自分自身でプロフィールページを見ても誕生日に関する情報は表示されていません。

p3-19

-- --

Twitterで誕生日に関する設定を行い、公開範囲を設定する方法について解説しました。

Twitterの使い方 記事一覧へ戻る

( Written by Tatsuo Ikura+ )