@ツイートを投稿する

広告

ツイートの中に他のユーザーのユーザー名が含まれているものを@ツイートと呼びます。@ツイートを投稿するとツイートに含まれるユーザーにツイートが投稿された通知が届きます。ここでは@ツイートを投稿する方法について解説します。

@ツイートを投稿する

ツイートを作成する時にツイートの先頭に「@ユーザー名」を記述して作成すると、返信ツイートと同じように特定のユーザーに通知が届くようにツイートを投稿することができます。このようなツイートの中に他のユーザーのユーザー名が含まれるツイートのことを@ツイートといいます。

実際に試してみます。ツイートの作成画面でツイートの先頭に「@ユーザー名」の形で記述して下さい。すると該当のユーザーの情報がポップアップで表示されます。

@ツイートを投稿する(1)

「@ユーザー名」の後に半角スペースをひとつ記述してからツイートする内容を記述します。作成が終わりましたら「ツイートする」をクリックして投稿してください。

@ツイートを投稿する(2)

投稿したツイートは「@ユーザー名」が含まれているだけで通常のツイートと変わりません。投稿したツイートは自分のタイムラインに表示されました。

@ツイートを投稿する(3)

先ほどのツイートは、相手が自分をフォローしていれば相手のユーザーのタイムラインに表示されますし、自分をフォローしていなければタイムラインには表示されません。ただどちらの場合であっても相手のユーザーに新しい通知が届きます(通知が届くように設定している場合)。

@ツイートを投稿する(4)

画面左側に表示されている「通知」をクリックすると、「@ユーザー名」が記述されたツイートが表示されます。

@ツイートを投稿する(5)

このように返信ツイートと同じように特定のユーザーに通知が届くようにツイートを投稿することができます。(あくまで通知が届くだけで、フォローされていないユーザーのタイムラインにツイートを表示させるようなものではありません)。

複数のユーザー名をツイートに記述する

@ツイートに記述する「@ユーザー名」は先頭だけではなくツイート内のどこでも記述することができ、また複数記述することもできます。ツイートの中には複数の「@ユーザー名」を含まれている場合は、@ツイートが投稿されるとツイートに含まれる全てのユーザーの「通知タブ」に通知が届きます。

実際に試してみます。次のようなツイートを作成し投稿しました。このツイートには「@ユーザー名」が 2 つ含まれています。

複数のユーザー名をツイートに記述する(1)

投稿したツイートは「@ユーザー名」が含まれているだけで通常のツイートと変わりません。自分のタイムラインではそのまま表示されます。

複数のユーザー名をツイートに記述する(2)

@ツイートに含まれていた全てのユーザーの「通知」タブには通知が届きます。(自分をフォローしているユーザーには、タイムラインにもツイートが表示されます)。

複数のユーザー名をツイートに記述する(3)

複数のユーザー名をツイートに記述する(4)

@ツイートを使うことで、そのツイートの通知が相手に届きますので相手の人にツイートのことを気づいてもらいやすくなります。

@ツイートを使ってユーザーをフォロワーに紹介する

投稿した@ツイートに表示されている「@ユーザー名」にマウスを合わせるとそのユーザーの情報が表示されます。また「@ユーザー名」の部分はそのユーザーのプロフィールページへのリンクにもなっています。結果的に@ツイートを投稿することで、自分をフォローしているユーザーに対してツイートの中に記述したユーザーを紹介するような利用もできます。

@ツイートを使ってユーザーをフォロワーに紹介する(1)

「@ユーザー名」をクリックするとそのユーザーのプロフィールページが開きます。

@ツイートを使ってユーザーをフォロワーに紹介する(2)

-- --

@ツイートを投稿する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。