[Windows 11] ZIP形式でファイルの圧縮と展開(解凍)を行う

ファイルの圧縮を行うとファイルのサイズを小さくしたり複数のファイルを一つにまとめることもできます。 Windows 11 では圧縮方法の一つで広く利用されている ZIP 形式を使い、ファイルの圧縮や圧縮されたファイルの展開(解凍)を行うことができます。ここでは Windows 11 の環境で ZIP 形式でファイルの圧縮と展開(解凍)を行う方法について解説します。

※ Windows 10 の場合は「[Windows 10]ZIP形式でファイルの圧縮と展開(解凍)を行う」を参照されてください。

(2022 年 10 月 07 日公開 / 2022 年 10 月 07 日更新)

ファイルを圧縮する

ZIP 形式でファイルを圧縮するにはエクスプローラー上で圧縮したいファイルを選択してください。

ファイルを圧縮する(1)

右上に表示されている「・・・」をクリックし、表示されたメニューの中から「ZIPファイルに圧縮する」をクリックしてください。

ファイルを圧縮する(2)

選択していた複数のファイルを圧縮した圧縮ファイルが作成されます。 ZIP 形式の圧縮ファイルは拡張子が .zip のファイルとなります。ファイル名はデフォルトでは圧縮するために選択したファイルのいずれかの名前が使用されます。そのままでもいいですし任意の名前に変更されても構いません。

ファイルを圧縮する(3)

ファイルを圧縮する(4)

これで複数のファイルを圧縮して 1 つの ZIP 形式の圧縮ファイルにすることができました。

ZIP 形式でのファイルの圧縮はエクスプローラーで右クリックして表示されるメニューから行うこともできます。

ファイルを圧縮する(5)

ファイルを圧縮する(6)

圧縮ファイルを展開する

ZIP 形式で圧縮されたファイルを展開する方法です。展開する圧縮ファイルをクリックして選択してください。

圧縮ファイルを展開する(1)

右上に表示されている「・・・」をクリックし、表示されたメニューの中から「すべて展開」をクリックしてください。

圧縮ファイルを展開する(2)

圧縮されていたファイルを展開するフォルダを指定します。今回はデフォルトのままとしましたが必要であれば変更を行ってください。指定が終わりましたら「展開」をクリックしてください。

圧縮ファイルを展開する(3)

圧縮されていたファイルが展開されて先ほど指定したフォルダに設置されました。

圧縮ファイルを展開する(4)

なお圧縮されていたファイルの展開は、圧縮ファイルを右クリックして表示されたメニューからも行うことができます。

圧縮ファイルを展開する(5)

ファイルを展開する前に含まれているファイルを確認する

圧縮ファイルを展開する前に圧縮ファイルに含まれているファイルを確認するには、圧縮ファイルをダブルクリックしてください。

ファイルを展開する前に含まれているファイルを確認する(1)

圧縮ファイルの中に含まれているファイルの一覧や、それぞれのファイルの元のサイズや圧縮率などを確認することができます。

ファイルを展開する前に含まれているファイルを確認する(2)

-- --

Windows 11 の環境で ZIP 形式でファイルの圧縮と展開(解凍)を行う方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。