エックスドメインを使ったドメイン取得と会員登録

広告
eyecatch

エックスドメインのサービスを使ってドメインを取得する場合の手順について解説します。会員登録と同時にドメイン名の取得を行います。

エックスドメインで取得可能なドメインの種類と取得代行費用

エックスドメインのサービスを利用するには次のURLへアクセスしてください。

https://www.xdomain.ne.jp/

エックスドメインで取得可能なドメインの種類と取得代行費用(1)

エックスドメインで取り扱っている主なドメインの取得料/更新料は以下の通りです(2019年2月22日時点、キャンペーンなどで価格が変更されている時期があります)。下記以外に取り扱っているドメインの種類や取得料については公式サイトにてご確認ください。

ドメイン種類取得/移管/更新(年額、税抜き)最短登録年数
.com1,180円1年
.net1,380円1年
.org1,380円1年
.jp2,820円1年
(日本語).jp1,180円1年
.co.jp3,760円1年
.都道府県.jp2,820円1年
(日本語).都道府県.jp1,180円1年
.info1,480円1年
.biz/td>1,480円1年

エックスドメインで取得可能なドメインの種類と取得代行費用(2)

希望のドメインが取得可能か確認する

それではドメインの取得を行っていきます。最初に希望するドメイン名が取得可能かどうか確認します。画面上部の「お申し込み」をクリックしてください。

希望のドメインが取得可能か確認する(1)

希望のドメインが取得可能か確認する(2)

申し込みの画面が表示されます。

希望のドメインが取得可能か確認する(3)

ドメイン名は他の利用者が取得済のものは取得することができません。画面下部に表示されているドメインの検索ボックスを使ってドメイン名を検索してください。検索する場合は「.com」や「.jp」を付けて検索してもいいですし、笑省略して検索しても構いません。例として次の名前でドメイン名を検索してみました。

希望のドメインが取得可能か確認する(4)

検索結果に「取得できません」と表示されているドメインは他の利用者が取得しいるものです。現時点では取得することができません。「取得可能です」と表示されているものは他の利用者が現在利用していないものなので、取得することができます。

希望のドメインが取得可能か確認する(5)

「取得可能です」と表示されたドメインの中から実際に取得するものにチェックマークをつけてください。今回は「.jp」ドメインにチェックをしましあt。その後で「取得手続きに進む」をクリックしてください。

希望のドメインが取得可能か確認する(8)

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き

ログイン・会員登録の画面が表示されます。今回初めての利用となりますので「会員情報の登録へ」をクリックしてください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(1)

会員情報の登録画面が表示されます。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(2)

個人で契約を行う場合は「メールアドレス(確認のために2か所に同じメールアドレスを入力してください)」「名前」「名前(カナ)」「名前(ローマ字)」をまず入力してください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(3)

続いて「住所」「電話番号」を入力してください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(4)

最後に「WHOIS代理公開サービス」を利用するかどうかを選択します。ドメイン名の取得を行うと、どのドメインを誰が取得したのかについて公開されます。公開された情報はWhoisという機能を使って誰でも閲覧することができるのですが、個人情報をできるだけ公開したくない場合に「WHOIS公開代理サービス」を利用してください。一部または全部の個人情報が表示されなくなります。今回は利用しないとどのような情報が公開されるのかを確認するためにチェックを外しています。

また「利用規約」と「個人情報の取り扱い」に関する説明が表示されています。それぞれよく読んで頂き、同意できる場合には「利用規約に同意する」と「個人情報の取り扱いに同意する」にチェックをしてください。その後で「確認画面へ進め」をクリックしてください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(5)

入力した内容の確認画面が表示されます。間違いがなければ「支払い方法の選択に進む」をクリックしてください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(6)

支払い方法の選択画面が表示されます。最初に画面上部に取得するドメイン名と費用が表示されますので確認してください。その後で支払い方法を選択します。「クレジットカード」「コンビニ」「銀行振込」「ペイジー」から選択できます。今回は「クレジットカードを」を選択しました。カード番号や有効期限を入力します。支払い方法の選択が終わりましたら画面下部の「お申込み内容の確認」をクリックしてください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(7)

最終確認画面です。内容をもう一度確認してください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(8)

「エックスドメイン利用規約」と「個人情報の取り扱い」が表示されます。それぞれよく読んで頂き、同意できる場合には「同意する」にチェックをしてください。その後で「申し込む」をクリックしてください。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(9)

エックスドメインを使ったドメインの取得申し込みが完了しました。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(10)

実際に取得が完了するまで少し待つ必要がある場合もありますが、取得が完了すると次のようなメールが届きます。

エックスドメインの会員登録とドメイン取得手続き(11)

上記メールとは別に、エックスドメインの管理ツールであるインフォパネルにログインするためのURLやログインするために必要となる初期パスワードが記載されてメールが届きますので確認しておいてください。

2つ目以降のドメイン取得の手順

追加でドメインを取得する場合も基本的には初めてのドメイン取得の場合と手順は同じです。今度は「.com」ドメインを取得してみます。ドメイン名が取得可能かどうかを検索し、取得可能なドメインが見つかったらチェックをしたあと「取得手続きに進む」をクリックしてください。

2つ目以降のドメイン取得の手順(1)

ログイン・会員登録の画面が表示されます。既に会員登録は済んでいるので会員IDとインフォパネルへのログイン用パスワードを入力し「ログインする」をクリックしてください。

2つ目以降のドメイン取得の手順(2)

支払い方法の選択画面が表示されます。最初に画面上部に取得するドメイン名と費用が表示されますので確認してください。支払い方法の選択が終わりましたら画面下部の「お申込み内容の確認」をクリックしてください。

2つ目以降のドメイン取得の手順(3)

最終確認画面です。内容をもう一度確認してください。

2つ目以降のドメイン取得の手順(4)

初めてドメインを取得した時と同じように「エックスドメイン利用規約」と「個人情報の取り扱い」っが表示されています。それぞれよく読んで頂き、同意できる場合には「同意する」にチェックをしてください。その後で「申し込む」をクリックしてください。

2つ目以降のドメイン取得の手順(5)

エックスドメインを使った2つ目のドメインの取得申し込みが完了しました。

2つ目以降のドメイン取得の手順(6)

このように2つ目以降のドメインについては既に会員登録が終わっているのでより簡単にドメインの取得申請を行うことができます。

-- --

エックスドメインを使って初めてドメインの取得を行う手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。