JPドメインのWhoisで表示される「登録者名」を非公開にする

広告
eyecatch

JPドメインを取得した時に公開される登録者名を、エックスドメインのWHOIS代行機能を使って非公開にする手順について解説します。

Whoisで公開されている登録情報を確認する

.jpドメインに関してWhioisで表示される登録者名を非公開にする方法です。最初に現在どのような情報が公開されているのか実際に確認してみます。.jpドメインの場合はJPRSが提供している次のURLへアクセスしてください。

https://whois.jprs.jp//

Whoisで公開されている登録情報を確認する(1)

現在どのような情報が公開されているのかを確認します。「検索タイプ」に「ドメイン名情報」を設定し、検索ボックスにドメイン名を入力してから「検索」をクリックしてください。

Whoisで公開されている登録情報を確認する(2)

エックスドメインの場合、「公開連絡窓口」に関する情報はエックスサーバー株式会社の情報に最初からなっていましたが、ドメイン名の「登録者名」にはドメインの取得をした個人の名前が表示されています。(今回申し込み時に「WHOIS代理公開サービス」を利用しないと設定したためです)。

Whoisで公開されている登録情報を確認する(3)

本来公開されるべき情報なのでこのままでももちろん構わないのですが、何らかの理由により登録者名を非公開にしたい場合、エックスドメインでは非公開にする機能を提供しています。

JPドメインの登録者名を非公開にする

登録者名に関しても何らかの理由により公開を行いたくない場合には非表示にすることができます。設定を変更するには最初にエックスドメインのインフォパネルにログインしてください。その後で、「ドメイン」ブロックの中の設定を変更したいドメインの右側にある「ドメインパネル」をクリックしてください。

JPドメインの登録者名を非公開にする(1)

JPドメインの登録者名を非公開にする(2)

ドメインパネルが表示されます。この画面ではWhoisで公開される「登録者情報」や「公開連絡窓口」に関する情報を編集することができます。

JPドメインの登録者名を非公開にする(3)

登録者情報の公開/非公開に関する設定を行うには、登録者情報の右側に表示されている「設定変更」をクリックしてください。

JPドメインの登録者名を非公開にする(4)

現在「Whois登録者情報非表示設定」は「無効」となっています。登録者名を非表示にするには「この設定を「有効」にします。「設定を変更する」をクリックしてください。

JPドメインの登録者名を非公開にする(5)

登録者情報を非表示にすることの注意が表示されます。よく読んでおいてください。非表示に変更するには「設定を変更する」をクリックしてください。

JPドメインの登録者名を非公開にする(6)

「Whois登録者情報非表示設定」が「有効」となりました。

JPドメインの登録者名を非公開にする(7)

それではあらためてJPRSのWhoisのページにてドメイン名を検索してみます。すると「登録者情報」のところが「登録者からの申請により非表示」という表示に変わっています。(設定を変更してからWhoisには反映されるまで少し時間がかかる場合があります)。

JPドメインの登録者名を非公開にする(8)

-- --

JPドメインを取得した時に公開される登録者名を、エックスドメインのWHOIS代行機能を使って非公開にする手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。