YouTubeアナリティクスの画面を表示する

広告
eyecatch

YouTubeアナリティクスの画面を表示する方法について解説します。

YouTubeアナリティクスへアクセスする

YouTubeアナリティクスの画面を表示するには、YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイターツール」をクリックして下さい。

p1-1

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「アナリティクス」メニューをクリックして下さい。

p1-2

「アナリティクス」の画面が表示されます。

p1-3

最初は「概要」の画面が表示されています。画面左側に表示されているメニューをクリックすることで、アナリティクスで閲覧できる色々なレポートを表示することができます。

p1-4

「概要」画面の見方

個別のレポート画面を見ていく前に最初に表示される「概要」画面を簡単に見ておきます。概要画面では色々なレポートの簡略的なデータをまとめて見ることができます。なお解説用のアカウントではあまりデータがないので、別の用途で使用しているアカウントのデータを使用して見ていきます。

p1-5

デフォルトでは過去28日間の集計結果が一覧で表示されています。「再生時間」「平均視聴時間」「視聴回数」がグラフで表示されるほか、評価された数やコメントの数などが表示されます。

p1-6

さらに下へスクロールすると、アップロードした動画の中で上位10本の動画に対する「総再生時間」「視聴回数」「高評価数」「コメント」が動画毎に表示されます。

p1-7

さらに下へスクロールすると、動画にアクセスした「上位の地域」や閲覧したユーザーの「性別」、動画のアクセス元である「トラフィックソース」、動画が再生された場所である「再生場所」に関するグラフが表示されます。

p1-8

また集計期間はデフォルトで過去28日間ですが、変更することもできます。画面右上に表示されている期間に関するドロップダウンメニューをクリックして下さい。

p1-9

集計期間を選択するメニューが表示されます。任意の期間を設定することもできます。今回は「過去90日間」をクリックしてみました。

p1-10

集計期間が過去90日間のレポートが表示されました。

p1-11

次のページ以降で、アナリティクスを使ってみることができるより詳細なレポートの見方を解説していきます。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)