トラフィックソースレポート(動画へのアクセス元)を確認する

広告
eyecatch

トラフィックソースレポートは公開している動画を利用者がどういった方法で見つけたのかを確認することができます。検索サイトからなのか、動画が埋め込まれたサイトからなのか、またはYouTubeで検索された結果からなのか、などです。ここではYouTubeアナリティクスのトラフィックソースレポートの見方について解説します。

トラフィックソースレポートの見方

YouTubeアナリティクスの画面を表示したあと、画面左側に表示されているサブメニューの中から「再生時間」メニューをクリックして下さい。(YouTubeアナリティクスの画面を表示する手順については「YouTubeアナリティクスの画面を表示する」を参照されて下さい)。

p4-1

「トラフィックソース」レポートが表示されます。

p4-2

画面上部ではトラフィックソース別の積み上げ面グラフが表示されます。

p4-3

グラフにマウスを合わせると、合わせた日のトラフィックソースの内訳を確認できます。

p4-4

期間はデフォルトでは「過去28日間」となっていますが、画面右上に表示されているドロップダウンメニューから期間を選択することができます。

p4-5

画面下部にはトラフィックソース毎の「総再生時間」「視聴回数」「平均視聴時間」「平均再生率」の表が表示されています。

p4-6

「外部」というのはウェブサイトに埋め込まれた動画や検索サイトなど経由で動画にアクセスがあった場合です。

p4-7

より詳細を確認するには「外部」と表示されている部分をクリックして下さい。「外部」の内訳が表示されます。

p4-8

「YouTube 検索」というのはYouTubeのサイトで検索された結果から動画にアクセスがあった場合です。

p4-9

どんなキーワードで検索されたのかを確認するには「YouTube 検索」と表示されている部分をクリックして下さい。検索されたキーワードの内訳が表示されます。

p4-10

他のトラフィックソースとして「関連動画」や「チャンネルページ」などからどの程度アクセスがあったのかを確認することができます。

-- --

トラフィックソースレポートの見方について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)