コメントを無効にして動画にコメントを投稿できないようにする

広告
eyecatch

自分でアップロードした動画であれば、コメントを有効にしたり無効にしたりすることができます。ここでは動画へのコメントを無効にする方法について解説します。

コメントを無効にする

YouTubeではプライバシー設定が「公開」か「限定公開」で、コメントが有効になっている動画には誰でもコメントを投稿することができます。現在は投稿したコメントは全て公開されます。コメントが投稿できる動画では、動画の再生画面で動画プレイヤーの下にコメントを投稿できるエリアがあります。

p1-1

実際にコメントを投稿すると次のように表示されます。

p1-2

アップロードした動画のコメントを無効にして、コメントを投稿できなくしたい場合には、YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p1-3

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p1-4

「動画の管理」画面が表示されます。これまでにアップロードした動画の一覧が表示されます。

p1-5

1つ1つの動画に対して設定していく方法もあるのですが、今回は複数の動画に対してもまとめて設定できる方法で行ってみます。コメントを無効にしたい動画にチェックをして下さい。(今回は1つだけチェックしていますが、複数の動画をチェックできます)。

p1-6

「操作」をクリックし、表示されたメニューの中から「その他の操作...」をクリックして下さい。

p1-7

別のメニューが表示されますので、その中から「コメント」をクリックして下さい。

p1-8

チェックを行った動画に対する「コメント」の設定画面が表示されます。

p1-9

選択肢は「コメントをすべて許可する」「不適切な可能性があるコメントを保留して確認する(英語のコメントのみ)」「すべてのコメントを保留して確認する」「コメントを無効にする」の4つです。デフォルトでは「コメントをすべて許可する」になっています。今回は「コメントを無効にする」を選択して下さい。

p1-10

設定が終わりましたら「送信」をクリックして下さい。

p1-11

確認画面が表示されます。変更してよろしければ「更新を開始すると、元に戻したりキャンセルしたりできないことを了承しました。」にチェックをして下さい。その後で「はい、送信します」をクリックして下さい。

p1-12

チェックした動画に対するコメントが無効になりました。

p1-13

今回はコメントが有効だったものを無効に変更しましたが、無効だったものを有効に戻す場合には同じ手順を行い「コメントをすべて許可する」を選択して下さい。

コメントの投稿画面の変化とそれまで投稿されたコメントの扱い

コメントを無効にした動画の再生画面を見てみると、動画プレイヤーの下に表示されていたコメントの投稿エリアがなくなり、「この動画にはコメントできません。」と表示されています。

p1-14

またコメントを無効にする前に投稿されていたコメントも表示されなくなっています。ただコメントは削除されてしまったわけではなく一時的に表示されなくなっているだけなので、再びコメントを有効にすると表示されます。

p1-15

-- --

自分がアップロードした動画に対するコメントを無効にする方法について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)