アップロードした動画の外部サイトへの埋め込みを無効にする

広告

自分でアップロードした動画をYouTube上でのみ再生できるようにして、外部サイトへの動画の埋め込みは禁止することができます。ここではアップロードした動画の外部サイトへの埋め込みを無効にする手順について解説します。

広告

それでは自分がアップロードした動画の埋め込みを無効にする手順です。YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p10-1

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p10-2

「動画の管理」画面が表示されます。アップロード済みの動画の一覧が表示されています。

p10-3

動画の中から埋め込みを無効にしたい動画に表示されている「編集」をクリックして下さい。

p10-4

「動画の編集」画面が表示されます。

p10-5

画面下の方にある「詳細設定」をクリックして下さい。

p10-6

詳細設定に関する設定項目が表示されます。

p10-7

動画の埋め込みを無効にするには、「配信オプション」のブロックにある「埋め込みを許可」のチェックを外して下さい。

p10-8

設定が終わりましたら画面右下に表示されている「変更を保存」をクリックして下さい。

p10-9

これで設定は完了です。

埋め込みが許可されている動画の場合、動画の再生画面で動画の右下に表示されている「共有」をクリックし、次の画面で「埋め込む」をクリックすると、動画を他のサイトに埋め込むためのコードが表示されます。

p10-10

p10-11

p10-12

※ 自分や他のユーザーがアップロードした動画を外部ブログへ埋め込む手順については「動画をWebサイトやブログに埋め込む」を参照されて下さい。

これに対して埋め込みが無効になっている動画の場合、「共有」をクリックしたあとに表示される画面で「埋め込む」がクリックできない状態となっています。

p10-13

その為、動画を埋め込むためのコードを取得することができません。

動画の埋め込むを無効にする前に他のサイトに動画が埋め込まれていた場合、埋め込みが無効になると動画を再生することができなくなります。

例えば次のように動画の埋め込むが無効になる前に、他のサイトに動画が埋め込まれていたとします。この動画はこのサイト上で再生することができます。

p10-14

p10-15

次に動画の埋め込むを無効にしたあとで同じサイトを表示してみると、以前は再生できなかったのですが現在はできてしまうようです。反映まで時間がかかるのか、それとも仕様が変わったのか現時点で確認できていませんので、また後日更新いたします。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)