アップロードした動画を削除する

広告
eyecatch

自分がアップロードした動画であれば、いつでも削除することができます。ここではアップロードした動画を削除する手順について解説します。

動画を削除する

アップロードした動画を削除するには、YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p3-1

「クリエイター ツール」の画面が表示されます。最初はダッシュボードが表示されていますので、画面左側のメニュー一覧の中から「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p3-2

「動画の管理」画面が表示されます。

p3-3

アップロード済の動画の一覧が表示されています。削除したい動画に表示されている「▼」をクリックし、表示されたメニューの中から「削除」をクリックして下さい。

p3-4

確認画面が表示されます。削除して宜しければ「削除」をクリックして下さい。

p3-5

動画が削除されました。

p3-6

動画を削除した後に動画のURLへアクセスするとどのように表示されるのか

動画を削除した後で、その動画のURLにアクセスするとどのように表示されるのか確認してみます。動画を削除する前は動画の再生画面は次のように表示されていました。

p3-7

同じ動画のURLへ動画を削除した後に改めてアクセスしてみると、「この動画はユーザーにより削除されました」と表示され動画を再生することができなくなります。

p3-8

このように動画を削除すると、すぐに動画を再生することができなくなります。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)