動画の再生に関する基本操作

広告
eyecatch

YouTubeで公開されている動画を再生する方法について解説します。再生を一時停止したりボリュームを調整するといった基本的な操作方法についてもご紹介します。

動画の再生と一時停止

最初に動画を再生する手順です。動画を再生するには、対象の動画のタイトルやサムネイルをクリックします。例えばYouTubeのトップページに表示されている動画一覧の中から動画を選んで再生したり、何らかのキーワードで動画を検索し、表示された検索結果の中から目的の動画を探して再生することができます。

今回はYouTubeのトップページに表示されている動画のサムネイルの一つをクリックしました。

p1-1

動画の再生画面が表示されます。

p1-2

画面左上に表示されているのが動画プレイヤーです。動画はここで再生されます。

p1-3

動画の再生を一時停止するには、動画プレイヤーにマウスを合わせて下さい。すると動画プレイヤーの下部に次のようにツールバーが表示されます。

p1-4

次のアイコンをクリックして下さい。動画の再生が一時停止します。

p1-5

一時停止している間は先ほどクリックしたアイコンが次のような表示に変わっています。もう一度このアイコンをクリックすると一時停止が解除されて再生が再開されます。

p1-6

また再生の一時停止と再開を行うにはもう一つ方法があり、再生中の動画プレイヤーのいずれかの部分をクリックすると再生が一時停止し、もう一度クリックすると再生が再開されます。

p1-7

音量調整とミュート(消音)

再生中の音量を調整するには、動画プレイヤーのツールバーにある次のアイコンにマウスを合わせて下さい。

p1-8

音量調整のためのスライダーが表示されます。マウスを使って右へ移動させれば音が大きくなり、左へ移動させれば音が小さくなります。

p1-9

一番右まで移動させると音量が最大になります。

p1-10

一番左まで移動させると音量がゼロとなりミュート(消音)の状態になります。

p1-11

なお音量がゼロでない状態で次のアイコンをクリックすると音量ゼロの状態にすぐにすることができます。(スライダーを一番左まで移動させた場合と同じ状態です)。

p1-12

動画の再生位置を移動する

動画の再生中に動画プレイヤーにマウスを合わせると、動画の下部に動画の長さや現在どの位置まで再生されたのかを確認することができます。下記の例ですとこの動画の長さは5分06秒で現在1分27秒のところを再生しています。

p1-13

動画全体の中のどのあたりまで再生が行われているのかは、動画プレイヤーの下部に表示されているスライドバーでも確認することができます。下記の例ですと赤く表示されている部分が再生が終わった部分となります。

p1-14

現在よりも前または後の位置から動画の再生を開始したい場合には、スライドバー上の任意の位置にマウスを合わせて下さい。その位置でのサムネイル画像が表示されます。次の例では0分38秒の位置マウスを合わせた場合です。

p1-15

スライドバー上でマウスをクリックすると、その位置から再生が再開されます。

p1-16

スライドバー上には現在の再生位置を表す赤い丸が表示されていますが、この丸をマウスで左右に移動させることでサムネイル画像を確認しながら再生位置を変更することもできます。(サムネイル画像が表示されない動画もあります)。

p1-17

----

動画を再生するための基本的な操作方法に関して解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)