動画をシアターモードと全画面モードで再生する

動画を再生する時、通常よりも大きな画面で再生するシアターモードと呼ばれる機能があります。また全画面に広げて再生することもできます。ここではシアターモードと全画面モードで動画を再生する方法について解説します。

広告

動画の再生画面は通常次のようになっています。動画プレイヤーのサイズは表示しているブラウザの画面サイズに合わせ段階的に自動的に変更されますが、動画プレイヤーのサイズを手動で変更することはできません。

p2-1

動画を通常よりも大きなサイズで見たい場合にはシアターモードと呼ばれる機能が用意されています。動画プレイヤーにマウスを合わせ、表示されたツールバーの中の「シアターモード」アイコンをクリックして下さい。

p2-2

動画プレイヤーのがブラウザの横幅いっぱいまで拡大されて通常よりも大きなサイズで動画を再生することができます。

p2-3

元のサイズに戻すには、先ほどと同じ位置にある「デフォルト表示」アイコンをクリックして下さい。

p2-4

動画プレイヤーが元のサイズに戻りました。

p2-5

広告

動画を再生しているPCなどの全画面に広げて再生することもできます。動画プレイヤーにマウスを合わせ、表示されたツールバーの中の「全画面」アイコンをクリックして下さい。

p2-6

(少し分かりにくいですが)動画プレイヤーがPCの画面全体に拡大されました。

p2-7

全画面から元の状態に戻すには、ツールバーの中にある「全画面モードの終了」アイコンをクリックするか「ESC」キーをクリックして下さい。

p2-8

元のレイアウトに戻って表示されました。

p2-9

----

シアターモードそして大画面モードの2つのモードで動画を再生する方法について解説しました。ブラウザの画面サイズを変更せずに、動画を通常よりも大きな画面で表示されたい場合に使ってみて下さい。

YouTubeの使い方 記事一覧へ

( Written by Tatsuo Ikura+ )