画質(解像度)を変更する

YouTubeで動画を再生する時、標準の設定では利用されているインターネット回線の速度や動画プレイヤーのサイズに応じて画質が自動的に調整されるようになっています。ここでは画質を手動で変更する方法について解説します。

広告

動画の画質はデフォルトの設定では「自動」になっており、ユーザーの回線速度や動画を再生する動画プレイヤーのサイズなどから一番高い解像度が選択されます。解像度は144p/240p/360p/480p/720p(HD)/1080p(HD)の7種類が用意されているようです。ただし公開されている動画が360pなど標準解像度で録画されている場合は高解像度の720pや1080pで再生することはできません。

画質の設定を「自動」から特定の解像度へ手動で変更することができます。変更する場合には動画プレイヤーにマウスを合わせ、表示された「設定」アイコンをクリックして下さい。

p3-1

YouTubeの設定に関するいくつかの項目が表示されます。「画質」の個所を見て頂くと、現在この動画をどの解像度で再生しようとしているのかを確認することができます(今回の場合は720p)。

p3-2

画質を手動で変更するには、「画質」の個所をクリックして下さい。

p3-3

選択可能な解像度の一覧が表示されます。デフォルトの設定では「自動」となっているため画質は自動的に調整されます。設定したい解像度をクリックして下さい。今回は「360p」をクリックしました。

p3-4

動画の画質が「360p」に設定ました。設定を変更した後に、改めて「設定」アイコンをクリックしてみると画質の設定が「360p」になっていることが確認できます。この動画は「360p」の解像度で再生されます。

p3-5

広告

手動で画質の変更を行った場合、変更された値は保存され別の動画を再生する時にも同じ解像度が使用されます。実際に試してみます。現在再生している動画で、解像度を「360p」に変更したとします。

p3-6

この後、別の動画を再生してみます。

p3-7

動画プレイヤーにマウスを合わせ、表示された「設定」アイコンをクリックして下さい。YouTubeの設定に関するいくつかの項目が表示されますので、「画質」の箇所を見てみると解像度が「自動」で「360p」になっていること確認できます。

p3-8

このように画質を手動で変更したあと他の動画を再生すると、画質の設定は「自動」ですが選択される解像度は前の動画で手動で変更した解像度が選択されています。

YouTubeの使い方 記事一覧へ

( Written by Tatsuo Ikura+ )