動画の再生履歴の削除と管理

広告

YouTubeでは過去に再生した動画の履歴が保存されています(YouTubeにログインしている場合)。動画の履歴を閲覧することで、以前に再生したことのある動画を探す場合に便利です。ここでは過去に再生した動画の履歴を確認したり、履歴を削除する方法について解説します。

広告

YouTubeの動画の再生履歴を確認するには、画面左上に表示されているメニューアイコンをクリックして下さい。

p4-1

ライブラリの中にある「履歴」をクリックして下さい。

p4-2

「履歴」に関するページが表示されます。

p4-3

画面右側に「履歴タイプ」として「再生履歴」「検索履歴」「コメント」「コミュニティ」の4つが表示されています。この中から「再生履歴」をクリックして下さい(通常はデフォルトで「再生履歴」が選択されています)。

p4-4

過去にYouTubeで再生した動画の一覧が表示されます。動画をクリックすれば再び再生することができます。以前に再生した動画をもう一度みたい場合などは、この画面で探してみて下さい。

p4-5

なお過去に再生したことのある動画であっても、現在その動画が何らかの理由で動画の閲覧ができなくなっている場合はタイトルやサムネイルを確認することはできません。

動画の再生履歴の中から特定の履歴を削除することができます。再生履歴が表示されている画面で、削除したい履歴の右側に表示されている「×」をクリックして下さい。

p4-6

動画の再生履歴が削除されました。

p4-7

また全ての再生履歴を削除したい場合には、画面右側に表示されている「すべての再生履歴をクリア」をクリックして下さい。

p4-8

確認画面が表示されますので、再生履歴をすべて削除して宜しければ「すべての再生履歴をクリア」をクリックして下さい。

p4-9

動画の再生履歴がすべて削除されました。

p4-10

デフォルトの設定ではYouTubeで動画を再生すると、再生履歴が自動的に保存されていきます。動画の再生を行っても履歴を保存しないようにするには、再生履歴の画面で、画面右側に表示されている「再生履歴を一時停止」をクリックして下さい。

p4-11

再生履歴の保存が一時停止となりました。(これまでの再生履歴はそのまま残ります)。一時停止している間は、YouTubeで動画の再生を行っても動画が履歴に保存されることはなくなります。

p4-12

----

一時停止した再生履歴の保存を再開するには、再生履歴の画面で、画面右側に表示されている「再生履歴の記録を再開」をクリックして下さい。

p4-13

再生履歴の保存が再開されました。YouTubeで動画の再生を行うと、再生した動画が履歴に保存されます。

p4-14

----

動画の再生履歴の確認や履歴を削除する方法について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)