YouTubeで利用できるキーボードショートカット

YouTube では動画の早送りや巻き戻し、再生速度の変更、全画面への切り替えなどをキーボードから行うことができるキーボードショートカットが用意されています。ここでは YouTube で利用可能なキーボードショートカットの一覧と使い方について解説します。

(2022 年 11 月 09 日公開 / 2022 年 11 月 09 日更新)

キーボードショートカットの一覧

YouTube で利用可能なキーボードショートカットの一覧を確認するには、画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「キーボードショートカット」をクリックしてください。

キーボードショートカットの一覧(1)

キーボードショートカットの一覧が表示されます。

キーボードショートカットの一覧(2)

表にまとめてみます。

キー動作
k再生/一時停止の切り替え
j10秒巻き戻す
l10秒早送り
P(Shift+p)前の動画
N(Shift+n)次の動画
,前のフレーム(一時停止中)
.次のフレーム(一時停止中)
< (Shift+,)再生速度を下げる
> (Shift+.)再生速度を上げる
0..9動画の特定のポイントに移動
Ctrl+←前のチャプターまでシーク
Ctrl+→次のチャプターまでシーク
f全画面に切り替える
tシアターモードを切り替え
iミニプレーヤーの切り替え
Escミニプレーヤーまたは現在のダイアログを閉じる
mミュートの切り替え
c動画が字幕に対応している場合は字幕のオン/オフを切り替える
oテキストの不透明度レベルを調整
wウィンドウの不透明度レベルを調整
+フォントサイズの変更(大きくする)
-フォントサイズの変更(小さくする)
w上にパン (360° 動画)
a左にパン (360° 動画)
s下にパン (360° 動画)
d右にパン (360° 動画)
テンキーの + または ]ズームイン (360° 動画)
テンキーの - または [ズームアウト (360° 動画)

また表示はされていませんが、次のキーボードショートカットも利用できます。

キー動作
スペースキー再生/一時停止の切り替え
左矢印キー5秒巻き戻す
右矢印キー5秒早送り
上矢印キー音量を上げる
下矢印キー音量を下げる

では実際にいくつか試してみます。

再生の巻き戻しと早送り

まず動画の再生を巻き戻したり早送りしたりしてみます。動画の再生中に l キーを押してください。画面に次のような表示がされて 10 秒再生が早送りされます。

キーボードショートカットの一覧(3)

同じく動画の再生中に j キーを押して下さい。画面に次のような表示がされて 10 秒再生が巻き戻ります。

キーボードショートカットの一覧(4)

また動画の再生中に k キーを押すと再生が一時停止し、もう一度 k キーを押すと再生が再開します。

同じようなキーボードショートカットとして、左矢印キーを押すと 5 秒再生が巻き戻り、右矢印ーを押すと 5 秒再生が早送りされます。またスペースキーを押すと再生が一度停止し、もう一度押すと再生が再開します。

再生速度の変更

次に動画の再生速度を変更してみます。動画の再生中に < キーを押してください。画面に次のような表示がされて再生速度が遅くなります。

キーボードショートカットの一覧(5)

再生速度は一度 < を押すごとに 1x 、 0.75x、 0.5x、 0.25x と再生速度が遅くなりました。

同じく動画の再生中に > キーを押してください。画面に次のような表示がされて再生速度が早くなります。

キーボードショートカットの一覧(6)

再生速度は一度 > を押すごとに 1x 、 1.25x、 1.5x、 1.75x、 2x と再生速度が早くなりました。

YouTube で使用可能なキーボードショートカットについてご紹介しました。他にも色々と用意されているので、普段よくマウスを使って操作するものがキーボードショートカットで用意されていた場合は、利用してみると便利になるかもしれません。

-- --

YouTube で利用可能なキーボードショートカットの一覧と使い方について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。