動画に評価をつける

YouTube で公開されている動画に対して高評価または低評価を付けることができます。ここでは YouTube で動画に評価をつける方法について解説します。

※ 評価を付けた動画の一覧を表示するには「高評価または低評価をつけた動画の一覧を表示する」を参照してください。

(2022 年 04 月 12 日公開 / 2022 年 11 月 08 日更新)

動画を評価する

動画に対して高評価または低評価をつけることができます。評価を行うには動画の再生画面を表示して下さい。動画に対する評価は、動画プレイヤーの下にある次の個所で行います。

動画を評価する(1)

左のアイコンをクリックすると「高く評価」することができ、右のアイコンをクリックすると「低く評価」することができます。

動画を評価する(2)

動画を評価する(3)

動画に対して評価できるのは一回分だけです。例えば「高く評価」を 2 回クリックしたら 2 回評価されるわけではなく 1 回目で高く評価されて 2 回目でその評価が取り消されます。また「高く評価」をしたあとに「低く評価」をクリックすると、「高く評価」が取り消されて「低く評価」が有効となります。

また「高く評価」された回数は表示されますが、「低く評価」された回数は表示されません。

では実際に「高く評価」を行ってみます。

動画を評価する(4)

動画を評価する(5)

元々「高く評価」された回数が 1 となっていたので、今回自分が「高く評価」した結果、「高く評価」された回数が +1 されて 2 になりました。

もう一度左側のアイコンをクリックすると、先ほど行った「高く評価」が取り消されます。

動画を評価する(6)

動画を評価する(7)

ショート動画を評価する

通常の動画と同じようにショート動画も評価を行うことができます。ショート動画に対する評価は、動画プレイヤーの下にある次の個所で行います。

ショート動画を評価する(1)

上のアイコンをクリックすると「高く評価」することができ、下のアイコンをクリックすると「低く評価」することができます。

ショート動画を評価する(2)

ショート動画を評価する(3)

評価の付け方については通常の動画と同じです。

-- --

YouTube で動画に評価をつける方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura )

広告