動画の共有と再生開始位置の指定

広告
eyecatch

動画をTwitterやFacebookなどのSNSへ共有する方法について解説します。また共有する時に動画を最初からではなく再生開始時間を指定することができます。ここでは再生開始時間を指定する方法も合わせて解説します。

動画のURLを取得する

特定の動画のURLを取得する方法です。取得したい動画の再生画面を表示して下さい。

p4-1

動画の右下に表示されている「共有」をクリックして下さい。

p4-2

「共有」画面が表示されます。画面中央に表示されているURLがこの動画を表すURLとなります。(このURLは実際のURLを短縮したものです)。

p4-3

では先ほど表示されていたURLをブラウザのアドレスバーに入力して下さい。

p4-4

URLが表す動画の再生画面が表示されます。ブラウザのアドレスバーには短縮されていたURLが展開されて実際のURLが表示されます。

p4-5

動画を表すURLとしては、「共有」の画面で表示された短縮されたURLを使ってもいいですし、動画の再生画面でブラウザのアドレスバーに表示されているURLを使われても構いません。この二つは短縮されているかどうかの違いだけで同じURLとなります。

SNSへ共有する

動画のURLを取得して手動でSNSへ共有することもできますが、主要なSNSに対しては簡単に共有できる仕組みが用意されています。TwitterやFacebookなどのSNSへ動画を共有するには、動画の右下に表示されている「共有」をクリックして下さい。

p4-6

「共有」画面が表示されます。画面上部に対応している各SNSのアイコンが表示されており、左から順に「Twitter」「Facebook」「Google+」「goo」「楽天ブログ」「Blogger」「mixi」「Ameba」「Tumblr」「reddit」「email」となっています。

p4-7

例としてTwitterへ共有を行ってみます。Twitterのアイコンをクリックして下さい。

p4-8

Twitterへ共有するための投稿テンプレートが表示されます。このままでも構いませんし、編集することもできます。

p4-9

Twitterにログインしていなかったので、ユーザー名とパスワードを入力してから「ログインしてツイート」をクリックして下さい。

p4-10

Twitterへ動画が共有されました。

p4-11

Twitterの画面を表示して確認してみると、次のようなツイートが投稿されていることが確認できます。

p4-12

今回はTwitterでしたが、SNS毎に共有のされ方は異なりますので普段使用されるSNSへどのように共有されるのかを確認してみて下さい。

動画の再生開始時間を指定して共有する

動画を共有する時に動画の再生開始時間を指定して共有することができます。例えば動画を再生して30秒後の位置から見てほしい場合などに、再生開始時間を指定しておけば、共有されたURLをクリックすると30秒後から動画を再生することができます。

再生開始時間を指定するには「共有」画面で「開始位置」の左側にあるチェックボックスをチェックして下さい。

p4-13

再生開始時間を指定できるようになりますので、xx:yy(xx分yy秒)の形式で開始位置を指定して下さい。今回は0分30秒に設定しました。開始位置を指定すると自動的に動画のURLにパラメータが追加されます。

p4-14

それでは表示されたパラメータ付きのURLをブラウザのアドレスバーに入力して動画の再生画面を表示してみると、30秒の位置から動画の再生が開始されました。

p4-15

なお再生開始位置を指定した場合にSNSへの共有を行うと、URLにパラメータの値が反映されていませんでした。原因は分かりませんが、当面はパラメータが付いたURLをコピーして手動でSNSへ共有されて下さい。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)