特定の人へツイートを送信

広告

特定の人に対してツイートを送信する方法について解説します。ここでご紹介する方法は誰宛てなのかを明確にしてツイートしているだけで、別のページで説明するダイレクトメッセージとは違って誰でも閲覧可能な点に注意して下さい。

1.特定の人へのツイートの送信方法
2.自分宛ての届いたツイートの確認
3.特定の人向けのツイートは誰のタイムラインに表示されるのか

特定の人に向けたツイートを送信されたい場合は、ツイートの先頭に「@ユーザー名」を入力し、空白で1文字空けてからツイートしたい内容を入力されて下さい(空白を1文字空けるのはユーザー名と本文を区切るためなので実際には何文字空けても構いません。また次の文字がアルファベットでなければ1文字空けなくてもいい場合もあります)。

@ユーザー名 こんにちは!

まず自分をフォローしている人に対してツイートを送信してみます。ツイートを入力するテキストエリアでユーザー名を入力していくと、入力したところまでと一致するユーザー名の候補が表示されます。

p14-1

この中から選んでもいいですし、そのまま全部入力しても構いません。選択するか全部ユーザー名を入力したら、1文字以上空白を空けてツイートしたい内容を入力して下さい。入力が終わりましたら右下にある「ツイート」ボタンをクリックして下さい。

p14-2

ツイートが送信されます。自分のタイムライン上には送信したツイートが表示されています。

p14-3

ではツイートの送信先の人のタイムラインではどのように表示されるのかを確認してみると、相手の人のタイムラインでも先ほどのツイートが表示されています。

p14-4

このように自分をフォローしている相手にツイートした場合には、相手のタイムラインにツイートが表示されます。

----

次に自分をフォローしていない人に対してツイートを送信してみます。

p14-5

先ほどと同じように自分のタイムライン上には送信したツイートが表示されています。

p14-6

ではツイートの送信先の人のタイムラインではどのように表示されるのかを確認してみると、相手の人のタイムラインではツイートは表示されていませんでした。

p14-7

このように特定の人に向けたツイートは自分をフォローしている人宛てでもそうでない人でも送信することができますが、フォローされていなければ相手のタイムラインには表示されません。

返信ツイートを送信する場合と同じように特定の人向けのツイートには先頭に「@ユーザー名」が記載されています。このようにツイート内に「@ユーザー名」が含まれるツイートのことを総称して「@ツイート」と呼んでいます。

そきほどフォローされていない人に対してツイートを行っても相手の人にタイムラインには表示されませんと解説しました。ではツイートを送ったとしてもまったく見てもらえないかというとそうではありません。返信や今回のような特定の人に向けたツイートは、送られた相手の人がTwitterのホーム画面で「@つながり」メニューをクリックすれば確認することができます。

p14-8

「みんなの反応」画面が表示されますので画面左側にある「@ツイート」メニューをクリックして下さい。「@ツイート」画面が表示され、@ツイートだけを一覧で見ることができます。

p14-9

このようにフォローされていない相手に対してツイートを行った場合は、相手の人が「@つながり」を確認すれば自分宛てのツイートが来ていることに気が付きます。

AさんがBさん宛てにツイートした場合、このやり取りは誰が見れるのかを確認してみます。まずAさんとBさんと両方フォローしている人のタイムラインを見てみます。

p14-10

AさんがBさん宛てにツイートしたものがタイムラインに表示されています。

次にAさんをフォローしているけれどBさんはフォローしていない人のタイムラインを見てみます。

p14-10

タイムラインには何も表示されてませんでした。

このようにある人からある人へのツイートは、両方のアカウントをフォローしている人のタイムラインにだけ表示されます。(タイムラインに表示されないだけで、やり取りしている人のプロフィール画面を見に行けば見ることはできます)。

( Written by Tatsuo Ikura+ )