検索履歴の管理

広告

YouTubeにログインした状態で動画の検索を行った場合、過去の検索履歴が保存されています。ここでは検索履歴を使って同じ検索を行う方法や、検索履歴を削除する方法などについて解説します。

1.検索履歴画面の表示
2.検索履歴の利用と削除
3.検索履歴を記録しないようにする

YouTubeにログインした状態で検索を行った場合、過去の検索履歴が保存されています。検索履歴を確認するにはYouTubeにログインした状態で、画面右上の歯車アイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p11-1

「動画の管理」画面が表示されますので、左側に表示されているメニューの中から「検索履歴」をクリックして下さい。

p11-2

「検索履歴」の画面が表示されます。画面上には過去に検索したキーワードが表示されています。

p11-3

過去に検索したものと同じ検索を行う場合は画面上に表示されたキーワードをクリックして下さい。

p11-4

クリックしたキーワードで検索した結果が表示されます。

p11-5

検索履歴を削除したい場合には削除したいキーワードにチェックを付けてから「削除」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p11-6

検索履歴が削除されます。

p11-7

また「すべての検索履歴をクリア」と書かれたリンクをクリックすることで全ての検索履歴を削除することもできます。

p11-8

検索履歴を記録しないようにすることもできます。「検索履歴を記録しない」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p11-9

検索履歴の記録が停止します。なお停止しても今までの検索履歴は削除されませんので、不要であれば別途削除して下さい。

p11-10

検索履歴の記録を再開する場合は「検索履歴を再開」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p11-11

検索履歴の記録が再開されます。

p11-12

----

検索履歴を使って以前に検索した時と同じ検索を行う方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )