投稿済みの記事の投稿日時を変更する

広告
eyecatch

投稿した記事をあとから編集して投稿日時を変更することができます。新しい記事の場合と違い、未来の日時を指定しても予約投稿ではなく未来の投稿日時が設定された状態で公開される点に注意が必要です。ここでは投稿済みの記事の投稿日時を変更する方法と、投稿済みの記事を予約投稿に戻す手順について解説します。

※ 新しい記事の投稿日時を設定する方法については「新しい記事の投稿日時を設定する(予約投稿する)」をご参照ください。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する

投稿済みの記事は編集を行うことで投稿日時を変更することができます。例として次の記事を編集してみます。「投稿」画面から「編集」メニューをクリックして編集画面を表示してください。(記事を編集する方法については「記事を編集する」を参照してください)。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(1)

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(2)

右サイドバーを見ると投稿日時のところには現在設定されている投稿日時が表示されています。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(3)

記事のタイトルや本文だけを編集してから記事を更新した場合は、投稿日時は現在設定されている日時のままです。更新した日時に変更されるわけではありません。

記事の投稿時間を変更したり、記事を更新した日時に自動的に変更したりするには、右サイドバーの投稿日時が表示されているところをクリックしてください。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(4)

日時の設定画面が表示されます。特定の日時に変更する場合は、新しい投稿日時をここで設定してください。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(5)

編集のあとで記事を更新した時の日時を新しい投稿日時として設定したい場合は「自動」を選択してください。今回は「自動」を選択してみます。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(6)

「完了」をクリックしてください。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(7)

それでは画面右上に表示されている「更新」をクリックしてください。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(8)

記事が更新され新しい投稿日時が設定されました。ブログへアクセスして確認してみると、記事の投稿日時が新しい日時に変わっていることが確認できます。

投稿済みの記事を編集し投稿日時を変更する(9)

投稿済みの記事に未来の日時を設定する

投稿済みの記事を編集して投稿日時を変更する場合でも、新しい投稿日時として現在よりも未来の日時を設定することができます。ただ新しい記事を作成した時に投稿日時として未来の日時を設定すると予約投稿となりましたが、投稿済みの記事に対して未来の日時を設定すると、記事は公開されたまま記事の投稿日時が未来の日時になります。

それでは実際に試してみます。記事の編集画面を表示してください。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(1)

右サイドバーの投稿日時が表示されているところをクリックしてください。投稿日時の設定画面が表示されます。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(2)

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(3)

現在よりも未来の日付を設定します。今回は来年の 1 月 1 日に設定しました。設定が終わりましたら「完了」をクリックしてください。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(4)

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(5)

それでは画面右上に表示されている「更新」をクリックしてください。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(6)

記事が更新され新しい投稿日時として未来の日時が設定されました。ブログへアクセスして確認してみると、記事の投稿日時に未来の日時が設定された上で、予約投稿にはならずに引き続き公開されていることが確認できます。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(7)

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(8)

投稿済みの記事を予約投稿にする

先ほど解説したように、一度投稿された記事はあとから編集で投稿日時に未来の日時を設定しても予約投稿にはなりません。投稿された記事を予約投稿にするには、一度下書きに戻して記事の公開をやめてから投稿日時に未来の日時を設定して投稿することで予約投稿にすることができます。

例として次の記事をまず下書きに戻してみます。「投稿」画面で下書きに戻したい記事にチェックをしたあと、「下書きに戻す」をクリックしてください。(記事を下書きに戻す方法については「投稿済みの記事を下書きに戻す」を参照してください)。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(1)

該当の記事が下書きに戻りました。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(2)

続いて下書きの記事を編集します。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(3)

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(4)

右サイドバーの投稿日時が表示されているところをクリックして、投稿日時の設定画面が表示します。そして現在よりも未来の日時を指定してから「完了」をクリックしてください。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(5)

画面右上の「公開」をクリックして下書きの記事を投稿してください。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(6)

「投稿」画面を確認すると、先ほど投稿日時を変更した記事に「スケジュール済み」と表示されて予約投稿になっていることが確認できます。

投稿済みの記事に未来の日時を設定する(7)

このように投稿済みの記事であってもいったん下書きに戻してから投稿日時に未来の日時を設定することで予約投稿に戻すことができます。

-- --

投稿済みの記事の投稿日時を変更する方法と、投稿済みの記事を予約投稿に戻す手順について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)
Profile
profile_img

著者 / TATSUO IKURA

初心者~中級者の方を対象としたプログラミング方法や開発環境の構築の解説を行うサイトの運営を行っています。