不適切なコメントを自動的に保留にする

広告
eyecatch

動画に対するコメントでは、不適切と判断された広告を確認のために保留とし、その以外の問題ないコメントは確認不要ですぐに表示するような設定が可能です(ただし英語のコメントのみが対象のようです)。不適切かどうかは自動で判定されます。ここでは不適切なコメントを保留する方法について解説します。

※ 手動でNGとなる単語を登録し、一致するコメントを自動的に保留にする設定については「NGな単語を手動で登録し一致するコメントを自動的に保留にする」を参照されて下さい。

不適切なコメントを保留にする設定を行う

不適切なコメントを保留にするかどうかは動画単位で設定します。YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p4-1

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p4-2

「動画の管理」画面が表示されます。

p4-3

コメントに関する設定を行いたい動画に表示されている「編集」をクリックして下さい。

p4-4

「動画の編集」画面が表示されます。

p4-5

画面下の方にある「詳細設定」をクリックして下さい。

p4-6

詳細設定に関する設定項目が表示されます。

p4-7

不適切なコメントを保留にする設定にするには、「コメント」のブロックにある「表示」の右にあるドロップダウンメニューをクリックし、表示されたメニューの中から「不適切な可能性のあるコメントを除くすべて」をクリックして下さい。

p4-8

設定が終わりましたら画面右下に表示されている「変更を保存」をクリックして下さい。

p4-9

これで設定は完了です。

不適切なコメントと判定されるとどうなるのか

では実際にコメントを投稿して試してみます。問題のあるコメント以外は投稿されたコメントはすぐに公開されます。例えば次のようなコメントを投稿してみます。

p4-10

YouTubeにログインしていない状態で確認しても、先ほど投稿されたコメントはすぐに表示されています。

p4-11

次に問題のありそうなコメントを投稿してみます(下記では伏字にしてあります)。

p4-12

コメントを投稿したユーザーの画面ではコメントがすぐに表示されているように見えます。

p4-13

ただYouTubeにログインしていない状態など、コメントを投稿したユーザーの画面以外では先ほどのコメントは表示されていません。問題があると判定されたため保留となったためです。

p4-14

このように通常のコメントは投稿されるとすぐに表示されますが、不適切な内容のコメントを投稿した場合すぐには表示されず、動画をアップロードしたユーザーがコメントを確認して承認するまで画面には表示されません。

保留になったコメントの承認と削除

それでは保留となったコメントを承認する手順です。動画をアップロードしたユーザーがYouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p4-15

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「コミュニティ」メニューをクリックして下さい。

p4-16

「コミュニティ」の中の「コメント」画面が表示されます。(他の画面が表示された場合は、画面左側に表示されている「コメント」メニューをクリックして下さい)。

p4-17

承認待ちとなっているコメントを確認するには「確認のために保留中」タブをクリックして下さい。承認待ちのコメントの一覧が表示されます。(承認待ちとなっている理由は「不適切な可能性あり」となっています)。

p4-18

コメントを承認するには、承認したいコメントの右側に表示されている次のアイコンをクリックして下さい。コメントが承認されて、動画の再生画面で表示されるようになります。

p4-19

コメントを承認せずに削除するには、削除したいコメントの右側に表示されている次のアイコンをクリックして下さい。コメントが削除されます。

p4-20

今回はコメントを削除してみました。削除したコメントは「確認のための保留中」タブの画面には表示されなくなります。削除したコメントを元に戻す方法はありません。

p4-21

なお動画をアップロードしたユーザーがコメントを削除した場合でも、コメントを投稿したユーザーの画面上では引き続き投稿したコメントが表示されています。

p4-22

-- --

不適切なコメントが投稿された場合に自動的にコメントを承認待ちにする設定について解説しました。なお自動で判定される不適切な言葉は英語のみのようで、日本語でそれらしいコメントを書いても承認待ちにはなりませんでした。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)