NGな単語を手動で登録し一致するコメントを自動的に保留にする

広告
eyecatch

YouTubeではコメントで使用が不適切と思われる単語を手動で登録することができます。登録した単語とほぼ一致するコメントは自動的に保留となります。この機能は日本語でも利用ができます。ここではNGな単語を手動で登録し一致するコメントを自動的に保留にする方法について解説します。

※ YouTube側で決められて判断記述で不適切と判定したコメントを自動的に保留にする設定については「不適切なコメントを自動的に保留にする」を参照されて下さい。

ブロックする単語を登録する

最初にNGとなる単語を登録する手順について解説します。設定はチャンネル全体で有効となります。YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p5-1

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「コミュニティ」メニューをクリックして下さい。

p5-2

「コミュニティ」画面が表示されます。左側に表示されているサブメニューの中から「コミュニティの設定」をクリックして下さい。

p5-3

「コミュニティの設定」画面が表示されます。

p5-4

「自動フィルタ」のブロックの中に「ブロックする単語」を設定する箇所があります。ここにNGとなる単語を入力して下さい。複数の単語を入力することができます。ここで設定した単語と一致するコメントは自動的に保留となります。

p5-5

入力が終わりましたら画面右上にある「保存」をクリックして下さい。

p5-6

これでNGな単語の登録は完了です。

NG単語を含むコメントを投稿して保留になるかどうか試してみる

それでは実際に試してみます。まずはNG単語を登録する前に次のようなコメントを投稿してみました。

p5-7

現在対象の動画のコメントに関する設定は「すべてて承認」になっていますので、YouTubeにログインしていない状態で確認しても、先ほど投稿されたコメントはすぐに表示されています。

p5-8

次に先ほど紹介した手順で「ビットコイン」「イーサリアム」「暗号通貨」の3つの単語を「ブロックする単語」として登録します。

p5-9

設定後、次のようなNG単語が含まれるコメントを投稿してみます。

p5-10

コメントを投稿したユーザーの画面ではコメントがすぐに表示されているように見えます。

p5-11

ただYouTubeにログインしていない状態など、コメントを投稿したユーザーの画面以外では先ほどのコメントは表示されていません。「ブロックする単語」に登録された単語と一致するコメントなので保留となったためです。

p5-12

このように通常のコメントは投稿されるとすぐに表示されますが、ブロックする単語に登録された単語が含まれるコメントを投稿した場合すぐには表示されず、動画をアップロードしたユーザーがコメントを確認して承認するまで画面には表示されません。

保留になったコメントの承認と削除

それでは保留となったコメントを承認する手順です。動画をアップロードしたユーザーがYouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p5-13

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「コミュニティ」メニューをクリックして下さい。

p5-14

「コミュニティ」の中の「コメント」画面が表示されます。(他の画面が表示された場合は、画面左側に表示されている「コメント」メニューをクリックして下さい)。

p5-15

承認待ちとなっているコメントを確認するには「確認のために保留中」タブをクリックして下さい。承認待ちのコメントの一覧が表示されます。(承認待ちとなっている理由は「不適切な言葉」となっています)。

p5-16

承認待ちのコメントを承認したり削除したりするには、対象のコメントの右側に表示されている3つのアイコンを使って行います。

p5-17

今回はコメントを承認してみます。一番左側の次のアイコンをクリックして下さい。コメントが承認されて動画の再生画面で表示されるようになります。

p5-18

承認を行ったあとで、改めてYouTubeにログインしていない状態など、コメントを投稿したユーザーの画面以外で動画の再生画面を見てみると、表示されていなかったコメントが表示されています。

p5-19

-- --

特定の単語が含まれるコメントを自動的に保留にする手順について解説しました。日本語でも利用でき、スパム目的などの単語が含まれるコメントだけ承認待ちにしたい場合などに便利な機能です。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)