検索履歴の削除と管理

広告
eyecatch

YouTubeでは過去に動画を検索した履歴が保存されています(YouTubeにログインしている場合)。ここでは過去に検索した履歴を確認したり、履歴を削除する方法について解説します。

検索履歴を表示する

YouTubeの検索履歴を確認するには、画面左上に表示されているメニューアイコンをクリックして下さい。

p3-1

ライブラリの中にある「履歴」をクリックして下さい。

p3-2

「履歴」に関するページが表示されます。

p3-3

画面右側に「履歴タイプ」として「再生履歴」「検索履歴」「コメント」「コミュニティ」の4つが表示されています。この中から「検索履歴」をクリックして下さい。

p3-4

過去にYouTubeで検索した検索キーワードの一覧が表示されます。以前にどんなキーワードで検索したのかを確認したい場合にはこのページを見て下さい。

p3-5

表示されているキーワードをクリックすると、同じキーワードで検索を行うことができます。例えば次のキーワードをクリックしてみます。

p3-6

YouTubeで検索を行った時と同じ検索結果画面が表示されました。

p3-7

検索履歴を削除する

検索履歴の中から特定の履歴を削除することができます。検索履歴が表示されている画面で、削除したい履歴の右側に表示されている「×」をクリックして下さい。

p3-8

履歴が削除されました。(「このアイテムは履歴から削除されました」のメッセージは次回この画面を表示した時には表示されません)。

p3-9

また全ての検索履歴を削除したい場合には、画面右側に表示されている「すべての検索履歴をクリア」をクリックして下さい。

p3-10

確認画面が表示されますので、検索履歴をすべて削除して宜しければ「すべての検索履歴をクリア」をクリックして下さい。

p3-11

検索履歴がすべて削除されました。

p3-12

検索履歴の保存を一時停止する

デフォルトの設定ではYouTubeで検索を行うと、検索履歴が自動的に保存されていきます。検索を行っても履歴を保存しないようにするには、検索履歴の画面で、画面右側に表示されている「検索履歴を一時停止」をクリックして下さい。

p3-13

検索履歴の保存が一時停止となりました。(これまでの検索履歴はそのまま残ります)。一時停止している間は、YouTubeで検索を行っても検索したキーワードが履歴に保存されることはなくなります。

p3-14

----

一時停止した検索履歴の保存を再開するには、検索履歴の画面で、画面右側に表示されている「検索履歴を再開」をクリックして下さい。

p3-15

検索履歴の保存が再開されました。YouTubeで検索を行うと検索したキーワードが履歴に保存されます。

p3-16

----

検索履歴の確認や履歴を削除する方法について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)