動画のプライバシー設定(公開/限定公開/非公開)

広告

YouTubeではアップロードした動画の公開範囲として「公開」「限定公開」「非公開」のいずれかを選択できます。ここでは動画のプライバシー設定を行う方法と、各設定を行った場合に動画が外部にどのように公開されるのかについて解説します。

1.動画を公開する時にプライバシー設定を行う
2.公開済の動画のプライバシー設定を変更する
3.「公開」「限定公開」「非公開」に設定した動画を閲覧する方法

それぞれの設定についてまず簡単にご紹介しておきます。動画を「公開」設定にした場合は自分のチャンネルにも表示され誰でも閲覧することができます。「限定公開」設定にした動画は動画のURLを知っているユーザーだけが閲覧することができます。「非公開」に設定した動画は自分と許可したユーザーだけが閲覧できます。

動画のプライバシー設定は動画をアップロードする前に行うこともできますし、後から変更することもできます。まずは動画をアップロードする前に設定する方法からご紹介します。動画をアップロードするには画面右上に表示されている「アップロード」と書かれたリンクをクリックします。するとアップロードする動画を選択する画面が表示されます。

p35-1

アップロードするファイルを選択するとすぐにアップロードが始まるのですが、ファイルを選択する前に画面中央に表示されている「公開▼」と表示された個所をクリックして下さい。

p35-2

ドロップダウンメニューが表示されこれからアップロードする動画のプライバシー設定を「公開」「限定公開」「非公開」から選択することができます。

p35-3

「公開」を選択した場合、その後の動画のアップロードから公開までの手順は「YouTubeへ動画をアップロードする」をご参照下さい。今回は「限定公開」を選択してみます。プライバシー設定で「限定公開」を選択したらアップロードするファイルを選択して下さい。すぐにアップロードが開始されます。

アップロードが完了すると次のように表示されます。「公開」設定の場合と異なる点は、画面右上に表示されているリンクが「公開」ではなく「完了」と表示されていることです。

p35-4

動画のタイトルや説明などを入力し「完了」と書かれたリンクをクリックすれば動画の公開が完了しますが、この時点でプライバシー設定を変更することもできます。画面右側に表示されている「限定公開▼」と表示された個所をクリックすればドロップダウンメニューが表示されプライバシー設定を変更することができます。

p35-5

今回は「限定公開」に設定したまま「完了」と書かれたリンクをクリックしました。動画が「限定公開」で公開が完了します。

p35-6

限定公開で公開した動画であってもマイチャンネルの動画タブには表示されます。

p35-7

限定公開で公開した動画には鍵アイコン(鍵の開いたアイコン)が表示されます。鍵アイコンにマウスを合わせて頂くと「限定公開」と表示されます。

p35-8

----

次に「非公開」で動画をアップロードしてみます。アップロードする動画を選択する画面でプライバシー設定として「非公開」を選択して下さい。

p35-9

「非公開」を選択した場合だけ画面下に非公開の動画を共有するGoogle+のサークルやメールアドレスを指定するためのエリアが表示されます。

p35-10

共有する相手は後から設定可能なので今回は共有先を空欄にしたまま動画を選択しました。次のように表示されればアップロードは完了です。

p35-11

「非公開」に設定した動画の場合も画面右側に表示されている「非公開▼」の箇所をクリックすれば動画を公開する前にプライバシーの設定を変更することができます。また「非公開」を選択している場合はここでも非公開の動画の共有先を指定できるようになっています。

p35-12

今回は「非公開」に設定したまま「完了」と書かれたリンクをクリックしました。動画が「非公開」で公開が完了します。

p35-13

非公開で公開した動画であってもマイチャンネルの動画タブには表示されます。

p35-14

非公開で公開した動画には鍵アイコン(鍵の閉まったアイコン)が表示されます。鍵アイコンにマウスを合わせて頂くと「非公開」と表示されます。

p35-15

以上のようにいずれのプライバシー設定を行う場合でも同じ手順で動画を公開する前に設定することができます。

公開済の動画に対して後からプライバシー設定を変更することもできます。プライバシー設定を変更するには画面右上の歯車マークをクリックし、表示されたメニューの中から「動画の管理」をクリックして下さい。

p35-16

「動画の管理」の中の「アップロード済み」動画に関する画面が表示されます。(他の画面が表示された場合は画面左側の「アップロード済み」メニューをクリックして下さい)。

p35-17

プライバシー設定を変更したい動画にチェックを付けて下さい。

p35-18

「操作▼」と書かれた個所をクリックするとドロップダウンメニューが表示され、メニューの中に「公開」「限定公開」「非公開」という各メニューが用意されています。

p35-19

設定したいプライバシー設定に対応したメニューをクリックして下さい。今回は「限定公開」に設定されていた動画を「非公開」に変更してみます。「非公開」メニューをクリックして下さい。

p35-20

該当の動画のプライバシー設定が変更されました。

p35-21

変更した直後は動画の右側に表示されているプライバシー設定を表すアイコンが更新されていませんでしたが、ブラウザ画面の表示を更新してみると先ほど変更した動画のプライバシー設定を表すアイコンが「非公開」になりました。

p35-22

このように動画を公開した後でも動画のプライバシー設定を変更することができます。

ここからはそれぞれのプライバシー設定を行った動画を閲覧する方法について確認していきます。動画をアップロードしたユーザーが自分のマイチャンネルの「動画」タブを表示した時にはどの設定がされた動画であっても表示されます。

p35-23

マイチャンネル上に表示された動画をクリックすれば動画を再生することができます。下記は「非公開」の動画をクリックした場合です。

p35-24

次にプライバシー設定を「公開」「限定公開」「非公開」にそれぞれ設定した場合に他のユーザーがどのように動画を見ることができるのかについて確認します。まず他のユーザーが動画をアップロードしたユーザーのチャンネルへアクセスすると次のように「公開」設定になっている動画だけが表示されます。

p35-25

表示されている動画をクリックすれば誰でも動画を再生することができます。このように「公開」設定の動画は、その動画をアップロードしたユーザーのチャンネル上や検索結果に表示された動画をクリックすることで誰でも閲覧して再生が可能です。

p35-26

----

次に「限定公開」に設定されている動画の場合です。「限定公開」に設定された動画はチャンネル上に表示されませんが、動画のURLを知っていれば誰でも閲覧することができます。

例えば動画をアップロードしたユーザーが、限定公開に設定した動画を「共有」し、動画のURLを他のユーザーに教えたとします。

p35-27

動画のURLを教えてもらったユーザーは、そのURLへ直接アクセスすることで動画を再生することができます。

p35-28

「限定公開」の場合はチャンネル上から動画へアクセスすることはできませんが、動画のURLを知っている人であれば誰でも動画の再生が可能です。

----

最後に「非公開」に設定されている動画の場合です。「非公開」に設定された動画はチャンネル上に表示されません。また動画のURLを知っていたとしても閲覧することはできません。

例えば「非公開」の動画は動画をアップロードしたユーザーであっても「共有」することもできませんが、動画のURLを何らかの形で誰かが知ったとします。

p35-29

動画へアクセスを許可されていないユーザーが動画のURLへ直接アクセスしても、次のように「この動画は非公開です。この動画の所有者からアクセスを許可されている場合はログインしてください。」と画面に表示され動画を閲覧することはできません。

p35-30

動画の閲覧を他のユーザーに許可するには、事前にメールアドレスやGoogle+のサークルを指定して許可を与えておく必要があります。閲覧の許可を与えるには「動画の管理」の画面にて対象の動画に表示されている「編集」と書かれたリンクをクリックして下さい。

p35-31

動画の「情報と設定」画面が表示されます。この画面にて「非公開」動画の閲覧を許可するユーザーを指定することができます。

p35-32

クリックするとGoogle+のサークル単位で閲覧許可を与えることができます。

p35-33

メールアドレスを入力して特定のユーザーに個別に許可を与えることもできます。なお指定するメールアドレスは、そのメールアドレスでGoogleアカウントにログイン可能である必要があります。

p35-34

今回は一人のユーザーのメールアドレスを入力して許可を与えることにしました。設定が終わりましたら「共有」と書かれたリンクをクリックして下さい。変更内容が保存されます。

p35-35

「非公開」動画が特定のユーザーに対して許可されると、そのユーザー宛てに次のようなメールが届きます。メールには閲覧することを許可された動画が掲載されており、動画をクリックすれば動画を再生することができます。

p35-36

また許可をされているユーザーがGoogleアカウントにログインした状態であれば、動画のURLへ直接アクセスしても動画を再生することができます。

p35-37

このように「非公開」の場合は動画のURLが分かっていても閲覧することはできず、閲覧するためには動画をアップロードしたユーザーから許可をもらう必要があります。

----

動画のプライバシー設定を行う手順について解説しました。またプライバシー設定で「限定公開」や「非公開」を選んだ場合に動画を閲覧する方法についても解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )