記事を下書きとして保存する

広告

記事を作成した場合、すぐに公開することもできますがいったん下書きとして保存しておき、別のタイミングで公開を行うこともできます。ここでは記事を下書きとして保存する方法、そしてあとから下書きを公開する手順について解説します。

それでは実際に試してみます。新しい記事の作成画面を表示して下さい。(新しい記事の作成画面を表示する手順は「記事の作成画面を表示する」を参照して下さい)。表示されましたらタイトルや本文など記事を作成して下さい。

p3-1

記事を作成したあと、記事を公開する場合は画面左下の「公開する」をクリックするのですが、いったん下書きとして保存する場合には「公開する」の右側にある下矢印をクリックして下さい。

p3-2

次のように「公開する」「下書き保存する」の2つの選択肢が表示されますので「下書き保存する」をクリックして下さい。

p3-3

先ほどまで「公開する」と表示されていた箇所が「下書き保存する」に変わりましたので「下書き保存する」をクリックして下さい。

p3-4

記事が下書きとして保存されました。

p3-5

下書きとして保存された記事は公開されていませんのでブログを見てみても表示されません。公開されずに保存されています。

p3-6

下書きとして保存した記事をあとから公開するには、記事の管理画面から行います。はてなブログにログイン後、画面右上の「はてなID」をクリックし、表示されたメニューの中にある「記事の管理」メニューをクリックして下さい。

p3-7

記事の管理画面が表示されます。

p3-8

※ 記事の管理画面を表示する方法は他にもあります。詳しくは「記事の管理画面を表示する」を参照されて下さい。

画面上部に「公開」「下書き」「すべて」というタブが表示されています。記事の管理画面を開くと最初に「公開」タブが表示されているので、「下書き」タブをクリックして下さい。

p3-9

下書きとして保存されている記事の一覧が表示されます。

p3-10

この画面から下書きを編集したり公開したりすることができます。

下書きとして保存した記事は、あとから編集を行った上で再度下書きとして保存することもできますし、公開することもできます。ここでは下書きを編集して再度保存する手順を試してみます。下書きの記事一覧の画面で、編集したい記事の右側に表示されている「編集」をクリックし、表示されたメニューの中から「編集」をクリックして下さい。

p3-11

下書きとして保存した記事の編集画面が表示されます。

p3-12

タイトルや本文など必要な個所に編集を行って下さい。今回は本文に次の1文を追加しました。

p3-13

編集を行った記事は公開することもできますし改めて下書きとして保存することもできます。今回は下書きとして保存してみます。画面左下に表示されている「下書きを更新する」をクリックして下さい。

p3-14

下書きとして保存した記事が編集した内容に更新されました。

p3-15

下書きとして保存された記事を公開する方法です。編集の画面から公開を行います。下書きの記事一覧の画面で、編集したい記事の右側に表示されている「編集」をクリックし、表示されたメニューの中から「編集」をクリックして下さい。

p3-16

下書きとして保存した記事の編集画面が表示されます。公開する前に編集が必要であればここで編集を行って下さい。

p3-17

この記事を公開には画面左下に表示されている「下書きを更新する」の右側にある下矢印をクリックして下さい。

p3-18

次のように「公開する」「下書き更新する」の2つの選択肢が表示されますので「公開する」をクリックして下さい。

p3-19

先ほどまで「下書きを更新する」と表示されていた箇所が「公開する」に変わりましたので「公開する」をクリックして下さい。

p3-20

記事が公開されました。

p3-21

ブログを表示して確認してみると、先ほどの記事が公開されていることが確認できます。

p3-22

なお下書きとして保存されてきた記事を公開すると、元になった下書きは自動的に削除されます。実際に記事の管理画面で「下書き」タブのページを表示してみると、先ほどまであった下書きがなくなっていることが分かります。

p3-23

一度公開した記事であっても、あとから下書きに戻して保存することできます。下書きに戻した場合はブログには表示されなくなります。それでは実際に試してみます。記事の管理画面を表示し、公開済みの記事一覧を表示して下さい。

p3-24

下書きに戻したい記事の右側に表示されている「編集」をクリックし、表示されたメニューの中から「編集」をクリックして下さい。

p3-25

記事の編集画面が表示されます。

p3-26

画面左下に表示されている「更新する」の右側にある下矢印をクリックして下さい。

p3-27

次のように「更新する」「下書きに戻す」の2つの選択肢が表示されますので「下書きに戻す」をクリックして下さい。

p3-28

先ほどまで「更新する」と表示されていた箇所が「下書きに戻す」に変わりましたので「下書きに戻す」をクリックして下さい。

p3-29

確認ダイアログが表示されます。下書きに戻してよければ「OK」をクリックして下さい。

p3-30

記事が下書きとして保存されました。記事の管理画面の「下書き」タブが表示され、先ほど下書きに戻した記事が含まれていることが確認できます。

p3-31

公開されていた記事を下書きに戻すと、ブログには表示されなくなります。

p3-32

下書きに戻した記事は、他の下書きと同じようにあとから編集したり再度公開したりすることができます。

下書きとして保存していた記事が不要になった場合は削除することができます。「下書きの一覧を表示する」を参考に下書きの記事一覧を表示して下さい。

p3-33

削除方法は通常の記事と同じです。削除したい下書きの先頭に表示されているチェックボックスにチェックを行い、その後で画面右上に表示されている「チェックした記事を削除」をクリックして下さい。

p3-34

確認ダイアログが表示されます。下書きを削除してよろしければ「OK」をクリックして下さい。

p3-35

下書きが削除されました。

p3-36

下書きの場合も削除するとすぐに完全に削除されるのではなくいったんゴミ箱に入ります。ゴミ箱に入った記事は30日以内であれば復元することができます。ゴミ箱の使い方について詳しくは「記事の削除とゴミ箱の使い方」を参照して下さい。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)