記事の投稿日時を設定する(予約投稿する)

広告

新しく公開する記事や過去に投稿した記事の公開日時を設定することができます。また未来の日付を指定して予約投稿を行うこともできます。ここでは記事の投稿日時を設定する方法について解説します。

広告

新しい記事の作成画面を表示して下さい。(新しい記事の作成画面を出す手順については「新しい記事を投稿する」を参照されて下さい)。

p6-1

記事を作成した後、現在の日付と時間で投稿する場合には投稿日時を設定する必要はありません。画面左下の「公開する」をクリックして下さい。

p6-2

投稿日時を設定するにはサイドバーを利用します。

p6-3

サイドバーメニューの中の「編集オプション」をクリックして下さい。

p6-4

サイドバーに「編集オプション」が表示されます。

p6-5

ここで投稿する日時を設定します。

日時の設定は「投稿日時」のブロックで行います。

p6-6

最初に日付を設定してみます。デフォルトでは今日の日付が表示されているので一度クリックして下さい。日付を選択するためのカレンダーが表示されます。

p6-7

設定したい日付をカレンダー上でクリックして下さい。日付が設定されます。今回は現在よりも過去の2017年11月2日を設定してみました。

p6-8

なおカレンダーを使用せずに直接日付を入力することもできます。

p6-9

続いて時刻を設定してみます。デフォルトでは「00:00」と表示されているので一度クリックして下さい。時刻を設定するためのドロップダウンメニューが表示されます。

p6-10

設定したい時刻をドロップダウンメニューの中から選択してクリックして下さい。時刻が設定されます。今回は15時30分を設定してみました。

p6-11

ドロップダウンメニューを利用する場合は30分単位で時刻の設定が可能です。ドロップダウンメニューを使用せずに直接時刻を入力することもできます。この場合は1分単位で時刻の設定が可能です。

p6-12

日付と時刻を設定したら、次にすぐに公開するのか予約投稿にするのかを選択します。過去の日付を設定した場合は「すぐに公開する」しか選択できません。未来の日付を設定した場合は「すぐに公開する」と「指定日時で予約投稿する」のどちらかを選択できます。

今回は過去の日時を設定しましたので「すぐに公開する」が選択されています。

p6-13

投稿日時と投稿方法の選択が終わりましたら画面左下の「公開する」をクリックして下さい。

p6-14

設定した日時で記事が公開されます。

p6-15

ブログを表示して確認してみると、先ほど投稿した記事がブログ上で確認することができ、投稿された日時が設定した日時になっていることが確認できます。

p6-16

記事を開いてみると、この記事を表すURLが設定した日付を使ったURLになっています。

p6-17

投稿日時の設定は新しい記事だけでなく、一度投稿した記事についても後から投稿日時を変更することができます。「公開済みの記事を編集する」を参考にして、投稿日時を変更したい記事の編集画面を表示して下さい。

p6-18

サイドバーメニューの中の「編集オプション」をクリックして下さい。サイドバーに「編集オプション」が表示され、投稿日時の設定が行えるようになります。

p6-19

現在設定されている投稿日時が表示されているので、新しく設定したい日時と時刻を設定して下さい。今回は現在よりも未来の2017年12月20日を設定してみます。

p6-20

一度公開した記事の投稿日時を変更した場合、「すぐに公開する」と「指定日時で予約投稿する」の選択肢は表示されません。未来の日付を指定したとしてもすぐに公開されます。

新しい投稿日時の設定が終わりましたら記事を更新してみます。画面左下の「更新」をクリックして下さい。

p6-21

該当の記事の投稿日時が新しい日時に更新されます。

p6-22

ブログを表示してみると、先ほど編集を行った記事の投稿日時が新しい日時になっていることが確認できます。

p6-23

なお記事を開いてみるとこの記事を表すURLは以前のままとなっています。新しく投稿日時を設定しても記事を表すURLには影響しません。(必要であればURLを個別に変更することはできます)。

p6-24

記事を作成してすぐに公開するのではなく予約投稿を行うこともできます。予約投稿を行った場合、指定した日時になったら自動的に記事が投稿されますので、例えば1週間後の20時に自動的に投稿されるようにすることができます。

それでは実際に試してみます。新しい記事の作成画面を表示し、記事を作成して下さい。

p6-25

サイドバーメニューの中の「編集オプション」をクリックして下さい。サイドバーに「編集オプション」が表示され、投稿日時の設定が行えるようになります。

p6-26

予約投稿を行いたい日付と時刻を設定して下さい。現在よりも未来の日時を指定する必要があります。今回は同じ日時の現在よりも30分後を設定しました。なお同じ日付で時間だけ未来の時間を指定する場合でも日付も選択して下さい。

p6-27

そして公開方法として「すぐに公開する」と「指定日時で予約投稿する」の2つから選択できますが、予約投稿を行う場合は「指定日時で予約投稿する」を選択して下さい。

p6-28

これで準備は完了です。画面左下の「予約投稿する」をクリックして下さい。

p6-29

予約投稿が完了しました。

p6-30

指定した日時になるまで記事は投稿されませんので、ブログを表示しても予約投稿した記事はまだ表示されていません。

p6-31

予約投稿を行い、まだ投稿日時になっていない記事は「下書き」一覧で確認することができます。(下書き一覧を確認する方法は「記事を下書きとして保存する」を参照されて下さい)。

p6-32

予約投稿として指定した日時以降にあらためてブログを確認してみると、予約投稿していた記事が自動的に投稿されてブログに表示されます。

p6-33

このように予約投稿を行うことで、あらかじめ記事を複数作成しておき、それぞれ指定した日時になったら自動的に投稿するといったことが可能になります。

-- --

記事の投稿日時を指定した日付に設定する方法、そして記事を予約投稿する方法について解説しました。

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)