プライバシー設定で「限定公開」と「非公開」にした動画を他のユーザーと共有する

広告
eyecatch

プライバシー設定を限定公開にした動画は動画のURLを知っているユーザーであれば誰でも閲覧することができます。また非公開にした動画は許可されたユーザーしか閲覧することができません。ここでは限定公開と非公開の動画を他のユーザーと共有する手順について解説します。

限定公開や非公開の動画がチャンネルに表示されるかどうか確認する

最初にプライバシー設定として「限定公開」や「非公開」に設定された動画がチャンネルに表示されるかどうかを確認してみます。

現在3つの動画をアップロードしています。アップロード済の動画の一覧は「動画の管理」画面で見ることができます。YouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p6-1

クリエイターツールの画面が開きますので画面左側に表示されている「動画の管理」メニューをクリックして下さい。

p6-2

「動画の管理」画面が表示されます。

p6-3

現在3つの動画がアップロードされており、各動画のプライバシー設定は「公開」「限定公開」「非公開」に1つずつ設定されています。

p6-4

それではこれらの動画が自分のチャンネルにどのように表示されるのかを確認します。自分のチャンネルをYouTubeにログインしていない状態で表示して下さい。(自分のチャンネルのURLを確認する方法については「自分のチャンネルのURLとカスタムURLの取得」を参照されて下さい)。チャンネルが表示されたら「動画」タブをクリックして下さい。

p6-5

チャンネルの「動画」タブに表示されるのは、アップロードした動画の中でプライバシー設定が「公開」になっているものだけです。実際「動画」タブに表示された動画は「公開」に設定されていた動画1つだけで、「限定公開」や「非公開」が設定された動画はチャンネルでは表示されないことが確認できました。

p6-6

このようにアップロードした動画の中でプライバシー設定が「限定公開」または「非公開」になっている動画はチャンネルに表示されません。

限定公開の動画を共有する

プライバシー設定で「限定公開」に設定されている動画は、動画のURLを知っていれば閲覧できますので動画を共有するには動画のURLを相手に伝えます。

それでは実際に試してみます。まず最初に自分で限定公開の動画を再生します。先ほどの「動画の管理」画面で、「限定公開」に設定されている動画のサムネイルをクリックして下さい。

p6-7

動画が再生されました。

p6-8

動画のURLを取得します。動画の下に表示されている「共有」をクリックし、表示されたウィンドウにあるURLが動画のURLとなります。このURLを動画を共有したいユーザーに連絡して下さい。

p6-9

-- --

ではYouTubeにログインしていない状態で、先ほどのURLへアクセスしてみます。

p6-10

動画を再生することができました。このように「限定公開」に設定した動画は、閲覧を許可したいユーザーに動画のURLだけを教えれば共有することができます。

非公開の動画を共有する

プライバシー設定で「非公開」に設定されている動画は、ユーザー単位で許可を与えることで動画を共有することができます。許可はGoogleアカウントに対して行うため、共有したいユーザーがGoogleアカウントを持っている必要があります。

それでは実際に許可を与える手順を見る前に、限定公開の時と同じように動画のURLを知っていれば閲覧できるのかどうかを確認してみます。「動画の管理」画面で、「非公開」に設定されている動画のサムネイルをクリックして下さい。

p6-11

動画が再生されました。

p6-12

動画のURLを取得します。「非公開」の動画には「共有」ボタンがありませんので、動画プレイヤー上で右クリックを行い、表示されたメニューの中から「動画のURLを取得」をクリックして下さい。動画のURLが取得できます(ブラウザのアドレスバーに表示されているURLをコピーされても同じです)。

p6-13

それでは「限定公開」の時と同じようにYouTubeにログインしていない状態で、先ほど取得した動画のURLへアクセスしてみます。

p6-14

「この動画は再生できません」と表示されて、動画の閲覧をすることできませんでした。このように「非公開」の動画は動画のURLを何らかの形で知った場合でも閲覧することできません。

-- --

では「非公開」の動画を他のユーザーと共有する手順です。「動画の管理」画面を改めて表示して下さい。

p6-15

共有を行いたい動画に表示されている「編集」をクリックして下さい(「編集」の右にある「▼」ではありませんのでご注意下さい)。

p6-16

「動画の編集」画面が表示されました。

p6-17

動画のプライバシー設定を行う箇所に表示されている「共有」をクリックして下さい。

p6-18

動画を共有するユーザーを設定する画面が表示されます。

p6-19

共有したいユーザーのメールアドレスを入力して下さい。指定できるメールアドレスはGoogleアカウントにログイン可能である必要があります。複数ある場合は改行して続けて入力します。入力が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p6-20

動画の編集画面に戻りましたら「共有」をクリックして下さい。

p6-21

これで「非公開」動画の共有が完了しました。

共有先として入力したメールアドレス宛には次のようにメールが届きます。メールには共有された動画のURLが表示されていますので、Googleアカウントのログインした状態でメールに表示されている動画のURLへアクセスして下さい。

p6-22

非公開の動画を閲覧することができました。共有が許可されたメールアドレスでGoogleアカウントにログインした状態であれば、動画のURLへアクセスするだけで閲覧することができます。

p6-23

このように「非公開」に設定した動画は、閲覧を許可したいユーザーに対して個別に許可を与えることで動画を共有することができます。

非公開の動画の共有を取り消す

非公開の動画を閲覧できるようにユーザーに与えた許可はいつでも取り消すことができます。共有の許可を与えた時と同じ手順で「動画の編集」画面を表示して下さい。

p6-24

動画のプライバシー設定を行う箇所に、現在共有が許可されているユーザーの人数が表示されています。許可を取り消すには「編集」をクリックして下さい。

p6-25

動画を共有するユーザーの編集画面が表示されます。共有を取り消したいユーザーのメールアドレスに表示されている「×」をクリックして下さい。

p6-26

ユーザーへの動画の共有の許可が取り消さました。作業が終わりましたら「OK」をクリックして下さい。

p6-27

動画の編集画面に戻りましたら「共有」をクリックして下さい。

p6-28

動画の共有の許可の取り消しが完了しました。

-- --

プライバシー設定で「限定公開」または「非公開」に設定した動画の共有方法について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)