動画のプライバシー設定(公開/限定公開/非公開)を行う

広告

YouTubeではアップロードした動画の公開範囲として「公開」「限定公開」「非公開」のいずれかを選択できます。ここでは動画のプライバシー設定の違いと、プライバシー設定を行う手順について解説します。

最初に動画のそれぞれのプライバシー設定の違いについて確認します。

「公開」の動画

「公開」に設定した動画は誰でも閲覧可能です。「公開」に設定した動画は自分のチャンネルに表示されるため、他のユーザーは自分のチャンネルを見てどんな動画がアップロードされているのかを知ることができ、閲覧することもできます。またYouTubeの検索結果にも表示されます。

「限定公開」の再生リスト

「限定公開」に設定した動画は動画のURLを知っていれば閲覧可能です。チャンネルには表示されませんので他のユーザーはチャンネルを見ても動画があるのかどうかを知ることはできません。動画のURLを知っているユーザーが他のユーザーにURLを教えれば、教えられたユーザーも動画を閲覧することができます。他のユーザーによって動画が公開再生リストに追加されない限り、YouTubeの検索結果には表示されません。

「非公開」の再生リスト

「非公開」に設定した動画は自分と許可したユーザーしか閲覧できません。チャネルにも表示されません。またYouTubeの検索結果にも表示されません。

動画の閲覧を誰に許可するのかに合わせてプライバシー設定を行って下さい。(限定公開または非公開の動画を他のユーザーと共有する手順は「プライバシー設定で「限定公開」と「非公開」にした動画を他のユーザーと共有する」を参照されて下さい)。

アップロードする動画のプライバシー設定は、アップロードする動画を選択する前、アップロードを行って公開する前、そして動画を公開した後などで行うことができます。まず最初に公開前にプライバシー設定を行う方法をみていきます。

YouTubeにログインした後、画面上部に表示されている「アップロード」のアイコンをクリックして下さい。

p5-1

動画のアップロードを行う画面が表示されます。

p5-2

ここでアップロードを行うファイルを選択しますが、その前にアップロードする動画のプライバシー設定を行うことができます。画面中央に表示されているドロップダウンメニューをクリックして下さい。

p5-3

アップロードする動画のプライバシー設定として「公開」「限定公開」「非公開」から選択して下さい(「公開予約」は指定した日時に動画を公開する時に使用します。詳しくは別のページで解説します)。今回は「限定公開」を選択しました。

p5-4

プライバシー設定が終わりましたらアップロードする動画を選択して下さい。

p5-5

動画のアップロードが完了すると次のように表示されます。

p5-6

ここで「完了」をクリックすると動画が公開されますが、公開前にプライバシー設定をここでも行うことができます。(ここで使っている「公開」は、プライバシー設定の中の「公開」とは別のものです)。画面右上にプライバシー設定を行うためのドロップダウンメニューがあります。

p5-7

初期値はアップロードするファイルを選択する前に選択したプライバシー設定の値が設定されています。今回は「限定公開」を選択していたので「限定公開」が初期値として設定されています。設定を変更する場合にはドロップダウンメニューをクリックし、「公開」「限定公開」「非公開」から選択して下さい。今回は「非公開」を選択しました。

p5-8

プライバシーの設定が完了し、動画のタイトルや説明などの設定が終わりましたら画面右上に表示されている「完了」をクリックして動画を公開します。

p5-9

プライバシー設定が「非公開」で動画が公開されました。

p5-10

このようにアップロードする動画を選択する前、そして動画のアップロードを行ったあと(アップロード中でも可能です)で動画を公開する前の時にプライバシー設定を行うことができます。

動画を公開した後に、動画のプライバシー設定を変更することができます。変更するにはYouTubeの画面右上に表示されているプロフィールアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「クリエイター ツール」をクリックして下さい。

p5-11

最初に「ダッシュボード」が表示されますので、画面左側にある「動画の管理」をクリックして下さい。

p5-12

「動画の管理」画面が表示されました。

p5-13

「動画の管理」画面ではアップロード済みの動画の一覧が表示されています。各動画のプライバシー設定がどうなっているのかは、各動画の右側に表示されているアイコンを見ることで確認することができます。各アイコンの意味は次の通りです。

p5-14

それではプライバシー設定を変更してみます。設定を変更したい動画のタイトルをクリックして下さい。

p5-15

対象の動画の「情報と設定」画面が表示されます。この画面で動画に対する色々な設定を行うことができます。

p5-16

画面右下あたりにプライバシー設定を行うドロップダウメニューがあります。クリックして表示されたメニューの中から新しいプライバシー設定を選択して下さい。

p5-17

プライバシー設定の変更が終わりましたら「変更を保存」をクリックして下さい。

p5-18

これでプライバシー設定の変更は完了です。画面左側の「動画の管理」の中にある「動画」をクリックし、あらためてアップロード済の動画の一覧を表示してみると、先ほどプライバシー設定を変更した動画のアイコンが変更した値に対応したものに変わっていることが確認できます。

p5-19

-- --

YouTubeで15分を超える動画をアップロードできるようにアカウントの確認を行う方法について解説しました。

YouTubeの使い方の他の記事を見てみる

( Written by Tatsuo Ikura+ )

関連記事 (一部広告含む)